「BRZ」今治タオル・・・・リクエストでいただきました

8月のある日・・・・・。 帰宅してみると・・・・。 送られてきていました。
画像
≪「BRZ」今治タオル≫ テーブルに広げて普通に写真で撮っても良かったんですけどね。 せっかくなんで、OUTBACKの上で・・・・・ #スバコミ内のコーナー。           【公式】SUBARU Sound Journey on Amanekに夏に聞きたい曲、思い出の曲にリクエストしてみました。 音楽を聴きながら・・・トークを聞きながら・・・・ 海辺を走っても、山を走っても、部屋で涼んでいてもなかなか良い感じの放送でした。 タオルは抽選だったらしいんですけど。 なんだかラッキー。
画像
この勢いに乗って「宝くじ」でも買いに行くか。 夢の一攫千金。 ん・・・やばいやばい。趣旨が変わるところだった。 SUBARUさん、ありがとうございました。
posted by アウトバックダブルアール at 09:01Comment(0)TrackBack(0)

2016 スバルウェブコミュニティ 浜名湖オフラインミーティング

今年もやってきました。 この時期が・・・・、GWと梅雨の間の時期。 場所は静岡県。「浜名湖ガーデンパーク」。 #スバコミ(リンク)に登録しているスバル車のオーナーの集会です。 このイベントは結構楽しみにしている方々が各地方にいらっしゃるんですよ。 参加締め切りはだいたい5月末なのですが、最終1週間の駆け込みもすごいんです。 私は早々と決めてしまうんですけどね。
画像
私一人で行く気でいたんですけどね。 前日にKIDSに参加有無を聞いたらこちらも行く気満々。じゃ、奥さんも。 と言う事で、雨一家のフルスペック参加が決定。 天気予報は、午前中やっぱり雨。 キャンプ雨率70%前後の我が家のフル参加が雨という天気を増強させたのか? 少し、気持ちがブルーになりました。 夜明け前に家を出て、首都高速、東名高速とひたすら西を目指します。途中、仲間とランデブーしたりするんですが、目的地が近くなるとだんだんSUBARU車を目にする機会が多くなってくるんです。もう、他県ナンバーを見ると、気持ちがおさまりません。アクセルに乗せる右足の踏込を制限するのに一苦労。
画像
画像
降雨の中、90台前後のSUBARU車が集まりました。 綺麗に、車種ごとに駐車。 長旅のドライバーもしばらく休憩。
画像
参加者は、スタッフも一般参加者もみんなフラットなんです。上も下もない。 イベントと言えば、午後の「じゃんけん大会」ぐらいなもの。 しかしながら、今回は地震被害の大きい、九州方面の方々のために募金も行われました。 そして、 「一年ぶりの挨拶をする人」  「初めての挨拶をする人」 「仲間で話し込む人」 参加者はそれぞれに時間を過ごします。
画像
画像
画像
≪乗りたい車を見つけて、オーナーと一緒に乗ってみたり・・・・≫ 昼食後、眠くなってきたところで、恒例のじゃんけん大会。 眠気もぶっ飛びのパワー炸裂。
画像
景品は持ち寄り。 だからいいんです。
画像
我が家も、この日は妹ちゃんに神が舞い降りていました。数いる参加者を退けて商品ゲット。 いつも妹ちゃんをカモにしているBOφWYSもビックリ。 やがて、宴もたけなわでありますが大団円を迎えます。 主催の一丁締めの後、スタッフ総出でお見送り。
画像
画像
画像
画像
≪時間があったのでスタッフカーを並べて記念写真≫ ステッカーと、オフ会ボードは東北の仲間にデザインしてもらっております。 今年も、素晴らしい物が出来上がりました。 いつもありがとうございます。
画像
ボードカラーと青空。境が分からない程、色の使い方が絶妙。 午前中の雨も上がり、いつの間にか青空が・・・・。 来年もどうやらあるようで・・・・、 よし、365日後のために1年間頑張ろう 参加されたみなさん、お疲れさまでした。 今年も楽しく過ごせました。

スバル ウェブ コミュニティ 浜名湖オフ会 今年も開催!!

今年で6回を数えることとなりました。 「スバコミメンバー浜名湖オフ2016」
画像
毎年90台前後のスバル車が集まり、車種を越えたじゃんけん大会交流会が行われます。 詳細は主催者発表で下記の通りになっております。 4月7日 22:00で 43名の参加表明があります。
画像
前回掲載した、スバコミのページへ飛んでさっそく登録。 http://members.subaru.jp/share/event/?action_share_event_detail=1&event_id=221
画像
今年もWEBコミュニティメンバーをメインに、浜名湖オフを開催したく思います。 日時:6月5日(日) 10時~15時(予定) 場所:浜名湖ガーデンパーク・「南」ロータリー 費用:900円/1台(1アカウント)    400円/車なし(1アカウント)
画像
※同乗者に参加費用は発生いたしません。 ※争奪戦用にスバルグッズをメインとした不用品がありましたら、お持ちよりください。 ※必ず個人によるアカウントごとの参加表明を基本、この場にお願いいたします。 ※昨年同様、私のみんカラブログに於いても後日、参加を受け付けます。 ※後日、締切日を設けます。 ※台数は100台程度を予定しています。 ※予想を超えた申し込みがありましたら、参加を打ち切る可能性も有ります。 ※質問等も、この場において受付いたします。 ※掲示板開始後は、その場でも情報開示の予定です。
画像
車種別駐車を予定しております。 車種・形がわかる書き込みも併せてお願いいたします。 例:インプレッサ・GD(涙目)
画像
今年も楽しみだ・・・・
posted by アウトバックダブルアール at 23:06Comment(0)TrackBack(0)

新しくなった、スバルウェブコミュニティ。通称「スバコミ」

自動車メーカーSUBARUには「スバルウェブコミュニティ」というスバル自動車にこだわらない、自動車好きのためのサイトがありました。 それが・・・・・・ このほどリニューアル完全復活。
画像
以前は写真投稿のギャラリーが人気でしたが、そこはそれ・・・・・時代の流れでしょうか、掲示板という形に変化しました。しかしながら、情報量は以前のものより大幅アップ。
画像
画像
私も早速登録し、手探りながら先ずは馴染もうと思っております。
画像
赤囲いの中には車が無くてもよい。他社の所有車でもよいと書かれています。 早速登録、早速挨拶、早速情報交換。 SUBARUはユーザーをどこに連れて行ってくれるのだろう。
posted by アウトバックダブルアール at 07:57Comment(0)TrackBack(0)

オリジナルタンブラー作ってきました

ネットサーフィンでこんな記事を発見。 ”世界で1つのオリジナルタンブラー作り”
画像
申し込んでみると・・・・。 しっかりと当選。 千葉スバル自動車 鎌ヶ谷店。 指定日、指定時間内に行ってきました。
画像
妹ちゃんのお友達も誘って、将来の「スバリスト」の育成。
画像
<流石はSUBARU店内の装飾はしっかりとキャンプを意識しております> 要は塗り絵です。対象車種は「アウトバック」「クロスオーバー7」「フォレスター」「インプレッサ」の4車種。 それぞれに塗った。車の台紙をタンブラーに入れて出来上がり。
画像
この絵を型紙としておけば、写真だったり、切抜きだったり、いつでも入れ替えることが出来るよね。 妹ちゃんをはじめそのお友達、みんなで楽しめました。
posted by アウトバックダブルアール at 11:53Comment(0)TrackBack(0)

2015年11月吉日 スバル秩父オフ会

かなりの体調不良。 ここ1週間、発熱と咳で寝込んでおりました。 ようやく体調が復調の兆し、しかし、本日の日曜日は雨。 もう少し”休め”と言う事か・・・・。 11月吉日、当然寝込む前の話しである。 おそらく、今年最後のオフ会になるであろう予感を携え、スバルの仲間に誘われて埼玉県秩父市へぶらりドライブ。 秩父市とは・・・ ≪HPより抜粋≫ 秩父市は都心から特急で約80分。荒川支流の清流と秩父盆地を中心とした山々に囲まれた自然豊かな地域です。花々やハイキング、川遊び、キャンプ等、秩父夜祭、龍勢祭、川瀬祭や小さな地域の祭りまで、一年を通して楽しめます。 さらに歴史的な文化資源のあり、多様な歴史的・文化的資源として、旧石器~戦国時代の遺跡、古墳群、和銅に関する遺跡、秩父往還、秩父事件、徳川家ゆかりの秩父神社、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)創建の三峯神社、秩父札所巡礼、昭和レトロを感じさせる街並みなど、有名で貴重な歴史・文化遺産が多数あります。祭りも日本三大曳山祭りの秩父夜祭、農民ロケット龍勢祭、秩父川瀬祭等、全国的なものから小さな祭りまで、一年間数多くの祭りが開催されています。 以前、大河ドラマ「獅子の時代」で、秩父事件(~明治初期の深刻な不況に直面し、多くの農家が高利の借金の返済不納におちいり、破産に瀕し、17年2月、秩父に自由党が結成され、やがて帝国陸軍と戦い潰走するまでを描いた~)を第46話”秩父路を行く”から最終話”獅子の叫び”まで、当地を取り上げたことがあったので一度行ってみたいところではあった。 近年はアニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない(リンク)」「心が叫びたがってるんだ(リンク)」の舞台になっているところでもありますね~。 この日集合したのは6台。 紅葉の進んだ、昭和情調の色濃く残る秩父を散策し、秩父神社、三峰神社を参拝しようというもの。 なかなか面白い町でした。 集合後、炭火自家焙煎珈琲 千茶古(リンク)へ移動。洋風庭園、アンティークな食器、そして室内と40過ぎた紳士?、淑女の我々にはなかなか落ち着ける空間。念入りなご挨拶をした後、ついつい長居となってしまいました。
画像
画像
画像
画像
画像
昭和情調溢れる街なので、昼食もそう言う所で。 昼食は食堂「食堂パリー」 床はコンクリート、テーブルはスチール。 ”北の国から”で蛍と純の食べてるラーメンをおばさんが無理やり下げる食堂のようです。 私が食べたのは”オムライス”。さっぱりしていてコスパ的に考えれば十分満足いくものでしたよ。
画像
≪文化庁 登録有形文化財。となっております≫
画像
≪スプーンの出し方、いいでしょう(^0^)≫ 食事後は秩父神社、三峰神社と神社のはしご。 三峰神社までの山道は渋滞でしたが、秋の風情豊かな素晴らしい スバルの仲間と走っているという気持ちがさらに輪を架けます。
画像
≪秩父神社≫
画像
≪アウトバック、インプレッサ、レガシィ、BRZの集合写真≫
画像
画像
画像
画像
≪旅客機も西日を浴びて輝きます≫
画像
≪三峰神社拝殿≫
画像
≪拝殿前の杉の巨木。ご神木に祀られております≫
画像
≪拝殿横の石畳に浮かび上がった龍が・・・・≫
画像
≪写真に収めてきましたよ≫ お兄ちゃんには”合格祈願”を、弟君と妹ちゃんには”学業成就”のお守りをそれぞれ購入。石畳の龍の写真はプリントアウトして子供部屋に飾りました。 親としてできることは、お金を出すこと、環境を作ること、お願いすることぐらいなものかな~。 そして大団円。それぞれにお土産を買い、目的を果たして帰路にたつ。
画像
≪名残惜しくてなかなか帰ることが出来ない(^0^)≫ 楽しい時間でした。 また、よろしくお願いいたします。

スバル車のオフ会なんです。浜名湖ガーデンパークで6回目

浜名湖オフ2015  ~proud of SUBARU web community~ 当日はなんとか天候にも恵まれて、しかも海からのやや涼しい風にも助けられ、例年の茹だる様な暑さからは解放されました。この会は自称「晴れ男」が結構いるようです。私なんか自他ともに認める「雨男」なんですけどね。でも、ひょっとしたら私レベルの「雨人間」が私を含め偶数人いるのかも・・・・。だって、ねえ、マイナス×マイナスはプラスですから。 先ずはスタッフカーが会場に入り準備とミーティングを行います。
画像
画像
画像
入場する参加車にはプログラム、ネーム、ステッカー、注意事項などが渡されます。ステッカーは完全オリジナルで世の中に100枚とありません。
画像
≪これらが渡されるんです≫
画像
≪プログラムとオリジナルステッカー≫
画像
≪オフ会参加者は殆どが大人ですが、ガイドラインは必要”注意事項”≫ 今回のエントリーはぴったり100台で過去最高。 実際の参加車も92台でこれも過去最高。 スタッフも慣れたもの、殆どが第1回目から従事しているので、担当が決まればテキパキと処理していけます。 今回の参加車は岩手県から広島県まで・・・・・。よく集まりました。
画像
≪今は生産されていないスバルの誇る軽自動車。まだまだ元気です≫
画像
≪一番参加が多かったインプレッサとG4。代を重ねた車が並びます≫
画像
≪レガシィとB4とアウトバック。なかなか壮観な眺めです≫
画像
≪BRZとレア車、SVX、スバル1000、主催者のインプレッサ、スバル製サンバー≫
画像
≪スバルの新車両レヴォーグとS4≫
画像
≪スバルの誇るSUV、フォレスター≫
画像
≪ちょっと遊んでみました
画像
≪6回目で初めて愛車と同じダークグリーンのLLビーンが来ました≫
画像
≪目玉イベント、じゃんけん大会≫
画像
≪”我が生涯に一片の悔いなし”じゃありませんよ。≫ 参加者の退場後は、スタッフだけの僅かな時間。 いろいろな思いが交差する空間。
画像
≪スタッフカー集合≫
画像
≪6枚目のイベントボードに寄せ書きが・・・・≫
画像
≪岩手からのスタッフへ、デザインしてくれたこれまた岩手のスタッフへ渡してもらいます≫ 開催されて初・・・・・。 「来年もやるぞ・・・」 が発令されました。最後にもうひと盛り上がりしたことは言うに及ばず。  今回も楽しい時間ではありました。 帰りは同方向のメンバーと食事をしながらの反省会。 東名高速道を富士川SAの富士山もきれいでした。
画像
遠足は帰宅するまでが遠足。 せっかく遠出して事故なんかおこしてしまった日には他の方へ申し開きができません。 今回私は手を抜いてパノラマ写真ばかり撮影していました(写真はクリックすると大きくなります)。

スバル車の「浜名湖オフ会」今年もやります。 ヨッシャ(^0^)/

主催者より正式にリリースされました。 今年も【静岡県浜名湖ガーデンパークでスバル車の集い】が開催されます。 スバル車好きで、下記に登録があり、相応に良識があればOKです。 下記コミュニティに登録しても近所のスバルからしつこいセールス等はありません。 毎年90台ほど北は東北、南は中国から集まってきます。車種を越えた集いになっており、結構楽しいですよ。
画像
過去ログを洗い出すとこんな感じになっております 第5回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会(リンク) 第4回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会(リンク) 第3回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会(リンク) 第2回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会(リンク) 第1回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会(リンク) 主催者より 今年もWEBスバルウェブコミュニティ SUBARU PLUSメンバー(登録後の申込み先 リンク)をメインに、浜名湖オフを開催したく思います。 日時:6月7日(日) 10時~15時(予定) 場所:浜名湖ガーデンパーク・「南」ロータリー 費用:900円/1台(1アカウント)    400円/車なし(1アカウント) ※同乗者に参加費用は発生いたしません。 ※争奪戦用にスバルグッズをメインとした不用品がありましたら、お持ちよりください。 ※必ず個人によるアカウントごとの参加表明を基本、この場にお願いいたします。 ※ギャラリー休止のため、私のみんカラブログに於いても後日、参加を受け付けます。 ※後日、締切日を設けます。 ※台数は100台程度を予定しています。 ※これまでと募集形式が変わるため、予想を超えた申し込みがありましたら、参加を打ち切る可能性も有ります。 ※質問等も、この場において受付いたします。 車種別駐車を予定しております。 車種・形がわかる書き込みも併せてお願いいたします。 例:インプレッサ・GD(涙目) 参加する方・・・・。 6月とは言え、結構暑いですからね。準備すると良いもの。 ・クーラーボックスに冷たいドリンク ・昼食(レストランはありますが、結構歩きます) ・アウトドア用イス ・テーブルとか(あれば便利) ・日よけパラソル(あれば便利) ・帽子 ・参加費用 今年も楽しみです~
posted by アウトバックダブルアール at 07:53Comment(0)TrackBack(0)

「会津高原たかつえスキー場」へ移動

昨日の「会津高原高畑スキー場」も本日の「会津高原たかつえスキー場」も「会津」を冠しているだけに福島県のスキー場なんです。「会津」のスキー場と言えば「磐梯山」周辺がメジャーだったりしますが、南会津方面も結構面白いんですよ。この日の駐車場も無料となっております。 この日の天気は標高により3つの天気を味わえました。
画像
≪まずは山頂、ホワイトアウトと言うほどではないが、雲の中で結構視界が悪い≫
画像
≪下界は会津駒ヶ岳を中心に会越の山々、日光連山が見渡せる天気≫ これらの天気の境目の1300メーター付近では1日中晴れたり曇ったり。
画像
≪ぼんやりと見える太陽≫
画像
≪風は強くないが大量の雲が流れるさまは結構な迫力≫ こんな天候とは予測できないため、一家でやる気満々。 「今日も気合いを入れて滑ろう!」 と言う事でリフト券を購入後、まずは山頂を目指します。今回は親子券を使わせてもらいました。
画像
リフトを乗り継いで頂上を目指しますが、標高が上がる毎に風が強くなってくる。 しかも前出の通り視界不良。頂上の高倉山への最後のリフトは1人乗りのため、一家でウォーミングアップのために1本滑った後、BOφWYSと私で行く事にした。
画像
≪リフト上のBOφWYS。寒そう・・・・≫ 頂上の視界不良も凄いが雪の量も凄い。
画像
≪雲の中だけではなく、看板が埋もれるくらいの雪≫ BOφWYSは後で奥さんと妹ちゃんを連れて来るためコースを念入りにチェック。
画像
≪山頂のブナも寒そう・・・≫
画像
≪急斜面!! BOφWYSは悪戦苦闘
画像
≪無事突破
画像
≪右から会津駒ヶ岳、雲を被った燧ケ岳、雲に覆われた日光連山。結構な見晴らし≫
画像
≪人の気配の少ない林間コース。≫
画像
≪何もない所で父クラッシュの瞬間!!≫ 滑る事で一心不乱、気がついた時は既に13時を回っていました。本日のゲレ食は「スキーセンタースペーシア内にあるメインレストラン・オーロラ」です。ここのメニューは美味しくて結構気に入っております。
画像
≪弟君のカレー。大きな肉が結構入っております。ビールはもちろん私の物です≫ 食事後、一服してから今度は一家で山頂へ・・・・。
画像
≪雪上にはフットプリントも見られます。これはキツネか?≫
画像
≪一家で滑り出すも、見通しの悪い雲の中は相変わらず≫
画像
≪見失いそう~≫
画像
≪雲の境目から顔を覗かせる眩しさを感じない太陽≫
画像
≪無事に降りて来る事が出来ました≫ クローズタイムぎりぎりまで滑って駐車場まで来ると車は疎らになっており殆どのスキー客は帰宅した模様。そんな中にも楽しみはやっぱりあるんです。残っていた車の多くはスバル車。AWDシステムに裏打ちされた高い安定感が、危険の増す遅い帰宅を可能にするのか? 
画像
≪BPタイプのレガシィが3台 ≫ 2015年福島県南会津 高畑スキー場、たかつえスキー場、結構楽しませていただきました。何と言っても雪質が良いのがイイネ。高速道路より多少遠いので人もあまりいないし(これが良かったりします)。 次は・・・・再来年かな??? この時期に元気になる”セッケイカワゲラ”の姿も見る事が出来ましたよ。
画像
≪体調は3センチほど、元気に歩き回っておりました≫
posted by アウトバックダブルアール at 07:38Comment(0)TrackBack(0)

今年は雪の量が多いと聞いた。そして行ってみた「会津高原高畑スキー場」

南会津のスキー場は天気良好、雪質上等で気分爽快でした。
画像
2月のスキーはどこに行こうかと日々ネットサーフィン。信州に進出? 今年も新潟? またまた群馬? 資料を集めて家族会議の結果、今年は例年より雪が多いとの情報を得たのと、雪質の良さから福島県の南会津方面に決定。更にいくつかあるスキー場から「会津高原高畑スキー場」「会津高原たかつえスキー場」を絞り込だ。ここは我が家から遠いしどうせなら…と、計画はどんどんエスカレートし一泊コースで2カ所に行くことになった。 会津高原高畑スキー場 (リンク) ここはスキーヤー専用ゲレンデですが、ボーダーはボードを持参すると「レンタルスキー無料」キャンペーンを行っていた。ここに決める前に結構情報を集めたつもりではあったが、これには辿り着かなかったぞ~。
画像
        ≪素晴らしく広いコース≫
画像
      ≪BOφWYSは妹ちゃんを見ながらの滑走≫
画像
     ≪妹ちゃんクラッシュ
画像
     ≪しかしジョーの様に立ち上がる
画像
     ≪お兄ちゃんを先頭にみんなで滑走≫ スキー場は程良いパウダースノー。KIDSは雪合戦を始めようとするも雪が固まらない。さらにスキー客も少ないためリフト待ちが無い。そのためスキー客の稼働も全開。宿では疲れすぎて満足に食事もできない状態になりました。 展望も素晴らしく良い。
画像
       ≪会津若松方面を望むと・・・・・≫
画像
       ≪会津磐梯山が微かに見えました≫ で、 その反対を見ると・・・・。
画像
≪中央に見えるのが秋に登った燧ケ岳(リンク)、右の上角が会津駒ヶ岳≫ この「高畑スキー場」と「南郷スキー場」は雪質は申し分ないだけど・・・・・何せ遠い。 南郷スキー場とともに閉鎖の話もあったようですが、かなりもったいない話です。距離の問題を克服できればいい話なのですが、夏は自然を売りにしていたりするからな~。開発と自然保護の問題は難しい。 価格改変のためにここには載せませんが、決して高価格ではありません。近くに日帰り温泉や温泉宿もたくさんあります。スキー場往復のスノードライブも、スキーの一環と考え楽しむ事が出来ればいいんですけどね。
画像
     ≪こんな感じの道もあったりしますが楽しめれば問題ない≫ 西那須野インターチェンジを降りてから、たかつえスキー場までは61キロ、これを素通りして高畑スキー場は更に17キロあります。国道400号⇒121号⇒352号を経由するんです。 今回はたかつえスキー場を過ぎると車両もグッと減少しました。道が無い(私が知らない?)ため10台ほど連なっての走行。コーナーでふと気付く。なんと、日産、トヨタの3台のワンボックス車を挟んでB4、インプレッサ、レガシィツーリングワゴン等スバル車が7台でオフ会状態。高畑スキー場と南郷スキー場の分岐まで続いた。なんとな~く、顔の締まりもなく自然にニタついてくる自分がいたりする。
画像
      ≪先頭のインプレッサの前にレガシィB4が走っているんです≫ 我が愛車を挟んで後ろを見ると・・・・。
画像
     ≪全くの偶然ですが、私にとっては楽しいひと時≫ 昼食はそのままアウトドアを満喫。お湯を沸かして雪の中でカップずるずる。 この様な所で食べる汁物はとても旨い。景色も良いしね。
画像
    ≪燃料はガソリンなので外気温は全く関係なく性能を発揮します≫
画像
画像
画像
     ≪父がコブを攻めた時にクラッシュして潰れた「クラッシュキツネ」≫
画像
     ≪明日行く「たかつえスキー場」を望む≫ 天候にも恵まれ、スバルのオフ会もどきにも遭遇し、良質の雪で滑る事が出来、先ずは大満足の「会津高原高畑スキー場」でした。良く見ると「セッケイムシ(ユキムシ)」もあちらこちらに見る事が出来、この地にも春の気配が近づいていることを感じた。
画像
画像

雪の季節? これが最後!! ちょっと緊張した。

だいぶ冬らしくなってきましたね、。 炬燵とか、朝の布団とか温もりが恋しくて。 覚悟を決めないとなかなか抜け出せなかったりして。 12月初めに法事があり愛車ので東北へ向かった。関東ではまだまだ雪の気配はないので当然ノーマルタイヤである。 ところが・・・・。 ご当地でも早めの雪に見舞われた。私同様に、同じ関東から行った従兄弟も大弱り。
画像
そうは言っても仕事があるため、かの地の行事が終わり次第関東へ帰らなければならない。
画像
高速道路は融雪剤が撒かれているとは言え、雪上をノーマルタイヤで運転することはまさに命懸け。 これから帰郷、レジャーなどで雪の多い地方へ向かう方は十分備えて下さい。十分気を付けて下さいね。 帰宅して「さすがスバル」「さすがレガシィ」とお褒めの言葉をいくつか貰いましたが、もうこの様な状況でノーマルタイヤでの運転は遠慮したいです・・・・。 皆さま、雪上に限らず遠方への運転は気を付けて良い年末、年始をお過ごしください。

多分・・・・ 今年最後のオフ会だと思う!! 

話が決まった時からこの日を目標に、何故か気合いを入れていたんです。 風邪ひかない様に気を付けようとか、怪我しない様にしようとか・・・・。特に理由とかないんですけどね。そんな時ってないですか? 8:30、神奈川県の某PAに一部の参加者が集合の予定なのでそこを目標に動いていたんですが、家を出て1時間経過しても千葉県を抜けられない、高速入り口がどこもここ大混雑。もともと待てない性分なので3回目のナビ再検索でヒットした高速入り口からオンしました。高速は乗ってしまえば順調だったのですが、しかし、初めから消耗戦をイメージさせる展開には驚いた。 結果的には1時間早く到着するつもりが30分の遅刻。みなさん、ごめんなさい。 記事の内容は 「SUBARU乗りの仲間の十国峠オフ会」 なんです。 箱根ターンパイクを経て十国峠へと向かったのですが霧のためホワイトアウト状態。推定視界5メートル(決してオーバーではないと思う)。しかも雨。気持はいつも以上に安全運転。
画像
≪集合写真。大きくすると雨が凄いのが分かります≫ 下界の天候は結構晴れていた所が多かったようですが・・・、強烈雨男復活と言ったところでしょうか。
画像
≪12:50でこんな状態≫ ハウスの中にいると外は真っ白のため、スキー場にいるような錯覚を覚えます。
画像
≪意味もなくパノラマにしてみたりして・・・・≫ 背景の木々に目を移すと紅葉に丁度いい感じが予測できましたが、山を下りるまでこの霧は着いてまわり、綺麗であろう紅葉はその一部しか見る事が出来ませんでした。 帰宅のため首都高速を走っていると、低~く立ち込める雲を発見。
画像
参加者も無事、帰宅出来た様で、今年の締めの楽しいオフ会となったようです。 OPECでは石油の減産が見送られたようで、今後も石油の価格が落ちていくと思います。アベノミクスの効果が感じられない我が家としては減産見送りには【大助かり】です
posted by アウトバックダブルアール at 08:57Comment(0)TrackBack(0)

御徒町と書いて”おかちまち”と読みます。ここに集合。

ニュースでは”ノロウィルス”による食中毒事件が報じられていましたが、もう一つのウィルス・・・・、インフルエンザも負けずに活躍の場を拡げているようです。弟君と妹ちゃんの通っている小学校でも全生徒の二桁に及ぶ児童が休んでいるとか・・・・。で、本日から弟君は今週いっぱい休みとなりました。”学年閉鎖”だそうです。もちろんインフルエンザによるもの。奥さんと弟君は本日予防接種を受けて来たようです。私も近いうちに行っておかなければ・・・・。皆さんも気を付けて下さいね。 予防接種も良いですが、まずは体力作りから。 11月吉日・・・・・。 上野駅でちょっと買い物。アメ横を通って隣の「御徒町駅」南口のパンダ広場へ・・・・。この町はデートスポットではないと思うので若者はあまり来ないだろうな~。この日、ここで待ち合わせをしている方もサラリーマンと思しき方が殆ど。
画像
≪アートスポーツ前。クリスマスの飾り付けがすでにされてます≫ この日は早々と忘年会。12月が忙しいのは毎年の事なので今月やってしまおうとの魂胆。 集まったのは4人のSUBARU乗り。 いつものジンギスカン屋さんで今年一年のあんなことやこんなことを面白おかしく談笑。 サッポロクラシック生を片手にラム肉、ラムチョップ、ラムロールまで・・・・。まるでラム肉のちゃんぽん。
画像
画像
画像
あのパーツが良いらしい。 あの店で安いらしい。 どうしようかな? 最近休み取れてる?  お子ちゃま元気? 楽しい話にこの店の味と雰囲気が、花を添えてくれます。 4人での飲み会は今年最後ですが、集合はこれで終わりではないんです。
画像
≪囁く悪魔と、心に葛藤を持ちながら必死に流す子羊ちゃん≫ 誰が悪魔??   誰が子羊?? 今月中に「箱根」に走りに行く事が決まりました。
画像
posted by アウトバックダブルアール at 00:01Comment(0)TrackBack(0)

2014 秋キャンプ 自然と温泉に癒された2泊3日  発動

画像
≪柴安嵓から尾瀬ヶ原を望む≫ 天気に恵まれました。 360度の大パノラマはいつ見てもいいなあ。 前回アップした相模湖駅から高尾駅までの縦走はこのための練習的なもの。 10月の3連休にターゲットを絞って調整をし、天気予報をマーク。おりしも台風19号が九州に上陸しようとするタイミング。 目的地とする南会津、檜枝岐村の日曜日の天気は金曜までは曇りまたは雨でしたが、土曜日には晴れに変わっており、雨率の高い我が家ではあるが今回も行けるかもしれないと、大きな希望を持っておりました。 とうぜん雨でもキャンプには行くつもりでしたが、その際は温泉三昧でも・・・・と大幅な予定変更かなぁ。なんて・・・。 家を出た時はまだ秋の雲が空を覆っている状態でしたが、高速道路走行中に青空の支配を雲が断念したかのような状態に。
画像
≪お天道様の光量が増す毎に気持ちも高まってくる≫ 今回はクワガタもいない。 そしてイワナ釣りもない。 と言う事で朝早く出る必要もない。 ゆっくりと家を出発。
画像
≪日光宇都宮道路。  正面には日光男体山がそびえ立つ≫ 東北自動車道を西那須野ICまで走るよう、ナビは誘導してきますが季節は秋。日光宇都宮道路から川治温泉、五十里湖を通り福島入りする会津西街道を使った方が季節感を得られそう。
画像
≪道の駅「湯西川」で休憩。BPレガシィとBHレガシィのスバルの法則
画像
≪五十里湖で朝日に影を落とす野岩鉄道の鉄橋≫
画像
≪以前は気持ちを抑えられずにいたお兄ちゃんも最近は落ち着いている≫ 紅葉には少し早い五十里湖から男鹿川沿いの道を進む。 コーナーではわざと横Gをかけてやると、後部座席で左に右に揺れながらキャッキャ!! キャッキャ!!と妹ちゃんが喜んでくれます。
画像
≪この道の駅にある小川は我が家のオキニ≫
画像
≪ススキの穂も飛翔寸前≫
画像
≪キャンプ場で楽しむための山の幸と地酒を購入≫ 檜枝岐へはお気に入りの小繋ラインを使います。 舘岩から檜枝岐村へ抜ける山道ですが、アウトバックのルーフを全開で走るアップダウンが素晴らしく気持ちいい。 季節毎に違う風や空気、色を肌で感じることが出来ます。 少しマニアックなネタになるが、エンジン形式EJ25と命名されている水平対向エンジンの吹け上がりも気持よくストレスを感じさせない。 カメラをリアシートの弟君に預け「秋を捕らえよ。」と指示。 弟君は張り切って写真撮影をしてくれました。 以下の写真はお兄ちゃん、弟君が撮ったもの。
画像
≪弟君撮影     
画像
≪弟君撮影     
画像
≪弟君撮影     
画像
画像
≪弟君撮影    飛行機雲がいい感じ≫
画像
≪お兄ちゃん撮影   ≫
画像
≪お兄ちゃん撮影   山小屋へ荷を運ぶヘリだろうか??≫
画像
≪ソバ畑も刈り入れが終了のようです≫ 無事に檜枝岐村へ到着も、キャンプ場へ行く前に燧ケ岳でも見に行くか?と言う事で道草です。 青い空にそびえたつ燧ケ岳がやけに近く感じます。意外と楽勝なんじゃないの・・・。と油断に似た色気も出てきそう。 出てきていました。 目的地のキャンプ場はいつものKARAMA2さん(リンク)。ゴール目前にKIDSは大興奮。
画像
≪明日、攻略する予定の山を見に・・・・・≫
画像
≪スバルが誇るSUV車種2種の交差     ≫  さて、そろそろキャンプ場でテントを張ってのんびりするかな・・・・・。      
posted by アウトバックダブルアール at 23:34Comment(0)TrackBack(0)

【第5回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会2014】 開催されました

今年も無事に開催する事が出来ました。 【第5回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会2014】
画像
今年も70台以上集まり大盛り上がり。 ≪参加者全員で記念写真≫ 車種が特定されてのオフ会ではなく、「SUBARU」であればOKなんです。なので、R1でもR2でも、レガシィでもインプレッサでも、360でも参加可能なんです。 なんと今年で5回目。 5年間で参加のべ台数は400台以上。 凄い数だと思うんです。 しかもこのオフ会が基になり様々なキズナも生まれました。 ①東日本大震災の時、有志でお金を出し合い福島県浜通りへ物資を搬入。しかも地域議員と謁見。 ②東日本大震災の時、①と別働隊が宮城県で被災した仲間へ物資の運搬。 ③東日本大震災の時、物資が大幅に不足した関東において、中国地方のメンバーが地元から食材を送付。 ④東日本大震災の時、オフ会で募金を実施。赤十字へ送金しました。 ⑤東日本大震災後、ダメージを受けた福島県中通りと会津でしばらく実施の無かった「東北オフ会」を実施。 ⑥東日本大震災後、大きなダメージを受けた福島県浜通りを訪問。お金を使ってきました。 ⑦東日本大震災後、宮城県で被災した仲間を気づかい各メンバーが随時訪問。お金を使ってきました。                                      私が知っているだけでこれだけあります。 良識を伴った方々のオフ会ですよね。 集まって来るのはごく普通の方々なんですよ。 おおっと・・・・。 こんな話ではなかった。 参加者はごく一般的な方が多いですよ。と言うお話でした。 オフ会自体のスナップはこんな感じです
画像
≪気になる天気は木曜日の段階で /   ≫ 所がどっこい。当日は、雨雲はどこへやら・・・・。暑く、蒸す1日となりました。 自称「晴れ男」のなんと多い事・・・・
画像
≪入場後、主催からの挨拶と注意事項の確認≫
画像
画像
画像
画像
≪この辺りのインプレッサとスバルブルーは圧巻です≫
画像
≪今年は2台しか集まらなかったチームグリーン(勝手に命名)
画像
≪危ない物を撮ってはいませんが、姿勢が危ない写真小僧? の方々≫
画像
≪お待ちかねの『景品争奪血で血を洗うハイパーじゃんけん大会』≫ 我が家も弟君と妹ちゃんが何回となくチャレンジしましたが・・・・・。 景品なし。 それでもいいの。 ぶつからないレヴォ―グは手に入れたんだから。 解散後はスタッフ総出で参加者を見送ります。 参加者の笑顔がスタッフにとっての「栄養剤」。 参加者各位がおのおのの家まで事故に巻き込まれずに到着するのを祈るだけです。
画像
画像
参加者退場後、スタッフだけでひっそりと5年間継続して続けてきた主催者へ記念品の贈呈。 5年間お疲れ様でした。 今は、とにかくゆっくり休んでください。
画像
最後に参加車両で記念写真。
画像
皆さまお疲れ様でした。

【第五回 スバルウェブコミュニティ浜名湖オフ会2014】 確定 参加者募集

毎年6月に開催されていた、「SUBARU WEB COMMUNITY」登録者によるオフ会。 今年は9月7日に開催されることとなりました。 開催場所は「浜名湖ガーデンパーク(リンク)」。 私の記憶では北は「岩手県」、南は「広島県」からの参加者もおりました。 参加方法はここ (リンク)に登録してギャラリーのこの投稿(リンク)に参加表明するだけです。毎年80台から90台の参加があります。
画像
≪昨年の集合写真≫
画像
≪午後のじゃんけん大会。結構楽しんでおります≫
画像
≪暑い時期ではありますが、子供が遊べるスペースもちゃんとあります≫
画像
≪ボードを持たせていただき来ました≫ インフォメーション ☆WEBコミュ参加の皆さまへ☆ 今年も… SUBARU WEBコミュニティーメンバーによる、オフ会を開催したく思います。 日時:9月7日(日) 10時~15時(予定) 場所:浜名湖ガーデンパーク・「北」ロータリー(昨年までとは違う場所です!!) 費用:900円/1台(1アカウント)    400円/車なし(1アカウント) ※同乗者に参加費用は発生いたしません。 ※争奪戦用にスバルグッズをメインとした不用品がありましたら、お持ちよりください。 ※必ず個人によるアカウントごとの参加表明をお願いいたします。 一次締め切り、8月7日(木)。 直前まで予定が確定しない時も、その旨を書いての参加表明をお願いいたします。 車種別駐車を予定しております。 車種・形がわかる書き込みも併せてお願いいたします。 例:インプレッサ・GD(涙目) 参加者の割合は常連1/3、新規1/3、ミドル1/3と丁度いい具合。 今年も楽しみであります。 今年は、近くのキャンプ場で1泊して行こうかな~。
posted by アウトバックダブルアール at 23:40Comment(0)TrackBack(0)

スバルの友人との会合  決まったかな!!

いつものジンギスカン屋さん。 いつものSUBARU乗りの定例会。 3人ではありましたがいつもの3人とはちょっと違います。 みなさんの出会いは「SUBARU WEB COMMUNITY プラス」(リンク)。 途中で共通知人(やはり「SUBARU WEB COMMUNITY プラス」を通して知り合えた知人)の訃報が飛び込んできました。 気持も浮いたり沈んだり。
画像
ここのジンギスカンは素晴らしくおいしく手ごろな値段。 メニューは「後を濁さず」、完食させていただきました。 次回は今回欠席した1名も含め、4名でやりたいですね。 悲しくも、楽しい時間でした。 で、何か決まりました

スバル・レヴォーグを試乗してミタ

黒くて渋い感じのダイレクトメールが届いておりました。 SUBARUの新型車”レヴォーグ”の内覧、試乗のお誘い。 私には悪魔の囁きにも聞こえましたが行ってみた。
画像
画像
販売車種は1.6lと2.0lのターボ車だが現在のターボ車はバブル期の物と違い燃費が良いそうだ。主な理由がエンジン開発技術の向上による「ダウンサイジング」やリニアトロニックCVTなども貢献していると思われる。
画像
ダウンサイジングにより「レヴォーグ1.6l」も前身の「レガシィツーリングワゴン2.0l」と同等の馬力で、燃費を約2割改善させ、剛性もアップさせたとか・・・・。
画像
画像
乗った感じとしては、先ずは静か。ドアが軽い。加速も申し分なく、コーナーでのロールも少ない。荷台もBPタイプのツーリングワゴンよりも広いとか・・・・。運転が楽しくなる車が出来たと思わせる感がして来る。試乗コースだけでは何とも物足りないぜひ高速を走ってみたい。 これは私の感覚なので、乗ってみない事には分かりません
画像
私が試乗したのは1.6lターボ車でしたが、この日、2.0lのナンバーが届いたとか。 翌日に来れば2.0lも乗れたのか・・・・。 レガシィツーリングワゴンの国内での後継車種だけに今後の活躍が期待されます。 アウトドアが好きな我が家的には地上高130ミリは少し低いかな~。

ソメイヨシノは終わったが・・・・

釣りに行く・・・と言う事は、だいたい自然の中に飛び込むことだと思います。当然、ホソ近くにも自然は多く残されており、ウットリと見とれるような・・・・・。迫力に感動するような・・・・・。風景を見つけたりします。
画像
画像
画像
江戸川沿いの菜の花群。毎年長~い時間楽しませてくれます
画像
画像
アウトバックを桜の車庫に入れて見ました。 黄色に、ピンクに、春の花はきれいですよね。

やっぱりイイネ  定例会

先週の3連休はかなりヘビーな食中りで寝込んでおりました。 身体が消化器系内の物、全てを出そうと入り口も出口も解放状態。 おまけにインフルエンザの様な倦怠感。 病院で診察してもらい2時間コースの点滴、そして内服薬を処方してもらい帰ってきました。しかし、点滴って効くもんですね。人生で2度目でしたがその効果にひたすら関心。 火曜日ぐらいまで頭痛と胃痛が残りましたが、金曜と比べると雲泥の差。 で・・・・・・・・・・・・・・・。 水曜日はかなり楽しみにしていた『スバルの仲間との定例会』。 場所は御徒町にある、ジンギスカン屋の看板を出しているいつもの地下基地。 ここで注文するのはラムロールではなく生ラム肩ロース。 クセが無く、柔らかく、とても美味しい。 一緒に飲むアルコールは「サッポロクラシック生」。 気分はすでに北海道。
画像
≪サッポロクラシック生と貴重なラムタン塩≫
画像
≪素晴らしく美味しいラムチョップ≫ 大変楽しい時間でした。この日に飲むため晩酌を控え、薬を飲み続けた甲斐がありました。 今回集まったスバル乗り3人。 ついに登場。
画像
≪足しかありませんが、一応証拠写真≫ 来月の再会を約束し、解散となりました。 身も心も大満足

SUBARUの初売りでゲット!! 何を・・・・新車種「LEVORG」のカタログと諸々

ブログのペースが早く、今年、少し掛かり気味の私であります
画像
スバルよりダイレクトメールが来ていたので、昨日初売りに行って来ました。新車種「LEVORG(レヴォーグ)」の新情報を入手できればいいな~。 (完全に初夢です)
画像
いただきましたのは上の写真の3点です。 レヴォーグのカタログ   スペック表を少し覗いてみると・・・・    ラインナップは5車種         1.6GT                  1.6GTアイサイト         1.6GT-Sアイサイト          2.0GTアイサイト         2.0GT-sアイサイト       全てAWDでDOHC直噴ターボDITとなっております。    燃料消費(km/ℓ)         17.4  1.6GT、1.6GTアイサイト         16.0  1.6GT-Sアイサイト         13.2  2.0GTアイサイト、2.0GT-sアイサイト    燃料         レギュラーガソリン   1.6GT         ハイオクガソリン     2.0GT        最低地上高(mm)         130   1.6GT         135   2.0GT   私的には地上高が低く、アウトドアに向かないため、今後に期待というと   ころでしょうか。でも走り屋さんには良いスペックなのではないでしょう   か。         レヴォーグボールペン
画像
 ちょっと「かっこいい」なんて思ってしまった次第です。 大抽選会で当たったウェットティッシュ  「指先を清め、体に気を付けよ!」と言う。神様のお告げのようです(勝手な  解釈)。 しかし、実車がまだディーラーには無いのに4日から先行予約スタートとは、自信の表れか、無謀な作戦か???  あまり車に興味が無い方は、動画をどうぞ・・・・。{%下降webry% スバル レヴォーグ、初テスト…2種類のエンジンを試す[動画] スバル(富士重工)が2013年11月、東京モーターショー13で発表し、1月4日から予約受付を開始した新型ワゴン、『レヴォーグ』。同車の初テスト映像が、ネット上で公開された。 これは2013年12月27日、スバルが公式サイトを通じて配信したもの。レーシングドライバーの佐々木孝太選手が、レヴォーグに試乗し、第一印象を報告している。 映像には、2台のレヴォーグが登場。白いボディカラーの1台は、直噴1.6リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力170ps、最大トルク25.5kgm)を搭載。グレード名は「1.6GTアイサイト」 一方、ブルーメタリックの1台は、直噴2.0リットル水平対向4気筒ガソリンターボエンジン(最大出力300ps、最大トルク40.8kgm)を積む。グレード名は「2.0GT-Sアイサイト」。 今回、スバルが公開した映像では、一般公道を想定したコースで「1.6GTアイサイト」、サーキットで「2.0GT-Sアイサイト」に試乗している。

スバル「LEVOG」大阪モーターショーでも話題

スバルが誇る「LEGACY(レガシィ)」シリーズ。その中核に位置する「ツーリングワゴン」が現在の5代目を持って最後となります。 レガシィは セダンタイプの”B4”(ビーフォー) ワゴンタイプの”ツーリングワゴン” クロスカントリータイプの”OUTBACK(アウトバック)" の3車種に分けられます。 1990年代のツーリングワゴンブームの時、各自動車メーカー共に”レガシィ・ツーリングワゴン”を討つべく様々なワゴンタイプの車種を発表しておりました(トヨタ=カルディナ、日産=プリメーラ、ステージア、ホンダ=オルティア などなど)。その後、ワンボックス車の拡大とともにワゴンタイプは減少します。当時から現在まで残ったはワゴンタイプは結局”レガシィ”のみとなりました。 そのレガシィも排気量が2.5リッター、3.6リッターと大型化させ海外市場をターゲットを視野に入れます。対象的に日本では大型化が好まれなかった様で”ツーリングワゴン”は廃止し、新車種”レヴォーグ”の発表となったようです(もちろんワゴンタイプですよ)。
画像
《2013/12/28 7:00 現在の記事に対する気持玉》 スバルの記事なのに、ホンダ車を残念がる気持ちが多いですね。独創性が減少してきている日本の自動車メーカー全般へ向けたものでしょうか? 以下、BIGLOBEからの抜粋記事です。 スバル「LEVORG」が、大阪モーターショーでも話題 RBB TODAY12月26日(木)15時0分  富士重工業が11月20日に発表した新型スポーツツアラー、スバル「LEVORG(レヴォーグ)」。第43回東京モーターショー2013で世界初公開が行われ、すでに大きな話題となっている。  新開発の水平対向直噴ターボ「DIT」エンジン、さらに「EyeSight(ver.3)」を搭載。走りを愉しむスポーツ性能と、ストレスなく長距離をドライブできるツーリング性能の両面を融合させ、“新世代のスバル”を具現化したレヴォーグは、2014年春に発売を予定しており、2014年1月4日より先行予約が開始される予定だ。
画像
 年末を締めくくるクルマのイベントである「第8回大阪モーターショー」がインテックス大阪で開催された(12月20〜23日)が、スバルブースにレヴォーグが出展。実際に運転席に座ることのできる乗車体験に多くの人が殺到したという。とくに、レガシィの乗り換え候補としてレヴォーグをチェックしにきた人たちが多かったようだ。  「エクシーガ」オーナーの男性は、先代レガシィを所有しているが、スマートな印象のレヴォーグが気になっているとのこと。とくに精悍な印象のフロントマスクや全車にターボエンジンを搭載している点が気に入ったとしており、1.6リットルモデルと2.0リットルモデルを乗り比べてみたいと、試乗を楽しみにしていた。同じく先代「レガシィB4」に乗る男性は、「レガシィ」の後継モデルとして発表されたレヴォーグに注目。展示されていたスティールブルーグレー・メタリックに好感を持つとともに、ワゴンボディの2.0GT-Sに興味を示していた。
画像
 現行型「レガシィアウトバック」を所有する夫婦は、愛犬とアウトドアへ出かけることも考え、レヴォーグを検討。アウトバックに対しては、室内空間や走破性に満足しているものの、街中では少し大きさを感じているそうだが、レヴォーグは、ひとまわり小さいので運転がしやすそうとの印象を持った。リヤゲートの閉めやすさなども好印象だったという。先代「レガシィツーリングワゴン」を所有するファミリーは、質感の向上したインテリア、とくにナビゲーションまわりの仕上げに好印象を持ったとのこと。そのほかにも、デザインの良さをあげる試乗者が多かったという。
画像
 富士重は、2014年3月期通期業績予想を上方修正するなど業績好調で、売上高・利益ともに過去最高を更新する見込みとなっている。これは米国での順調な販売が背景にあり、「販売に対して生産が追い付いていない」というのが実状のためだ。モーターショーの反応ではレヴォーグの人気も高く、発売開始即品薄となるかもしれない。
画像
 レヴォーグは、12月25日より新CMが放送開始。特設サイトもリニューアル公開され、広告ビジュアルも刷新される予定だ。モーターショーで実車を見た人もそうでない人も、レヴォーグが気になる場合は必見だ。
私はまだ”OUTBACK”は手放せないが、「物作り日本」健在と言ったところでしょうか
posted by アウトバックダブルアール at 07:38Comment(0)TrackBack(0)

最後の忘年会終了

先週の忘年会で今年は全て終了 今年の忘年会スバルの素晴らしい仲間から始まりました。で、最後は・・・・。スバルの最高の仲間達との銀座での飲みでありました。 私は幹事なのに痛恨の遅刻。  みなさん、大人の対応で無事開演となったようであります。  大いに盛り上がり、おかげさまでペロンペロン状態の私・・・・。 楽しい時間、ありがとうございました。 帰り道、某国道で大規模検問。どうやら飲酒のようです。
画像
飲酒運転。 止めましょう。 失うものが多すぎます。
posted by アウトバックダブルアール at 08:01Comment(0)TrackBack(0)

十国峠にご参拝

十国峠のレストハウスには魔女殿が働いている。と言うのはごく一部のスバル乗りには有名な話です。 この度、その魔女殿がレストハウスを引退するので集合せよ。との号令がかかりました。 自称魔女殿崇拝者から自称下僕まで、時間の都合のついた方が集まった次第です。
画像
《レガシィ、インプレッサが7台集合》 スバル車が並ぶと目立つらしく、腕組みしながら見に来る方、結構いらっしゃいます。 もちろん、ここにたどり着くまでには数台でツーリングを。
画像
《インプレッサ2台とB4の後ろを追走》
画像
《我がアウトバックの後ろにはもう1台インプレッサがついて来ます》 気心が知れたみんなで走るのは実に楽しい。
画像
《ドライブイン駐車場の ”怪しげな面々” 》
画像
《ドライブインではそれぞれに楽しく・・・・って、今まさに”わさびソフト”》 魔女殿に記念品を贈って、お礼を言ってから芦ノ湖へ移動。 食事をしてから、水際でまったり。
画像
この日はポカポカして暖かい日。 11月初頭の東北オフ不参加の私としては、とても充実した1日となりました。 峠の日陰道路はお昼頃まで凍っていたらしく、事故処理中の場面を往復で見る展開。 みなさん、油断しないで気をつけて運転しましょう。
画像
《帰りの東京外環自動車道からの富士山》 色と大きさは違えど、どこからも見える富士山。 やっぱり大きい・・・・。 幹事さんありがとうございます。 魔女殿、お疲れさまでした。

早々と内々の忘年会

師走は忙しい・・・・。 12月は忙しい・・・・。 いろいろと忙しい・・・・。 と言うことで、ちょっと早いですがいつもの地下基地で忘年会。 「ジンギスカン」と「ラムチョップ」、ドンクは「サッポロクラシック生」 集まったのはいつものフォレスター乗りとインプレッサ乗りとアウトバック乗りの3人。
画像
話題は車の話からアニメの話まで幅広く。 いや~、食べた。飲んだ。楽しかった。 (家に帰宅もすぐに気絶。翌朝、そのままの形で奥さんに救出される。) 店のマスターともかなり仲良しになり、帰りには毎度の立ち話。 今年も楽しい時間を頂きました。 ありがとうございます。 スバルの仲間達で今月3日に東北オフ会を開催されました。 私も行きたかったが、諸用があり出動できませんでした。 で、土産を頂きました。どうやらオフ会場所は福島県だったようです。 「ほまれ酒造の【ならぬことはならぬものです】」です。 ベースは「会津ほまれ」と言う日本酒になっております(多分)。
画像
《NHK公認で右下に【NHKエンタープライズ】シールがあります》 箱には【会津】と【八重の桜】の広告がびっしり
画像
《什の掟》
画像
《時代を越えて語り継がれるもの・・・・》
画像
《新島八重》
画像
《起き上がり小法師》
画像
《味わいについて・・・》 ありがたく頂きました。 義理堅い仲間に感謝であります

スバルの面白い記事(^0^)

スバルXVハイブリッド         時流に乗りつつ乗らない、それがスバルの生きる道 と言う面白い記事を発見。 ここの記事ですhttp://news.mynavi.jp/series/pickupcar/009/ 最後にはインプレッサがトレーラーを牽引するという面白い動画もあります。しかも、雪道で・・・・。 特に、最後の動画は「モノ作り日本」の誇りだと思います。 かなり昔のことになるが、筆者はいっぱしの「スバリスト」を気取って、レオーネツーリングワゴンを乗り回していたことがある。スバルならではの4WDの走りやサウンドを楽しんだものだが、もうひとつ忘れられないのがそのスタイリングだ。 2段ルーフでボリュームのあるリアセクションとは対照的に、フロントは異常なまでにボンネットが低く、シャープなクサビ形状。なるほどこれは水平対向エンジンならではだな……、と感心したものだが、そのボンネットを開けたときは、感心を通り越して驚いた。そこにはスペアタイヤが鎮座していたのだ。エンジンは低いボンネットの下のスペアタイヤのさらに下。水平対向エンジンはそんな芸当ができるほど特異なエンジンなのだ。
画像
水平対向エンジンに特化、スバルは「世界で唯一無二」の存在に 現在、自動車用エンジンは直列エンジンとV型エンジンがそのほとんどを占めているが、これら主流に背を向けている孤高の存在が水平対向エンジンといえるだろう。なにしろ、現在も乗用車のために水平対向エンジンを開発・製造しているメーカーは世界でポルシェとスバルの2社しかなく、フロントエンジンに限れば唯一、スバル1社だけだ。 水平対向エンジンは、その素性としてはきわめて優れていて、振動が少なく、重心が低くコンパクト。かつてはヨーロッパを中心に、数多くの自動車メーカーに採用されていた。でも結局のところ、主流にはなれなかった。リアやミッドに搭載するには都合のいいエンジンだが、そんなクルマ自体が特殊な存在だし、フロントエンジンについては一部の高級車やスポーツカーを除いて、エンジン横置きのFF方式に席巻されてしまったからだ。 水平対向エンジンは優れた特性を持つ反面、ほかのエンジンと比べて極端に形状が違うため、融通がきかないという特異性がある。直4として作ったクルマに、後からV6を押しこむがごとく、既存のモデルに水平対向エンジンを載せるということはできないのだ。このエンジンを採用すると決めたら、エンジンとともにシャシーも専用に開発しなければならない。これは自動車メーカーにとってはなんとも怖い話だ。 一時は水平対向エンジンに入れ込んでいたシトロエンやアルファロメオも、これからはエンジン横置きのFFが主流と見るや、開発を中止した。エンジンとシャシー、下手をすればトランスミッションまで専用開発の必要性が生じる水平対向エンジンを、世の主流から外れていくと知りながら継続採用することは、いろいろな意味で無理なのだ。 その無理を通し続け、ついにブランドアイデンティティにまでしてしまったのがスバルということになる。なにしろ現在のスバルは水平対向エンジンしか作っていない。シャシーやトランスミッションまで専用開発が必要というなら、いっそメーカーまるごと水平対向エンジン専門になってしまえ! ということか。これは開発面では大変なイバラの道だが、ブランドの価値としては、「世界で唯一無二」というこれ以上ない称号を得られる。 実際、水平対向エンジンに特化してからのスバルは好調だ。かつてのスバルはレガシー頼みといったところがあって、当時のあるスバルディーラーの店長が、「レガシーを買いに来る客はレガシーを買うのであって、スバル車を買うのではない」と話していたのを筆者は聞いた覚えがある。しかし、いまのスバルは確実にブランドそのものの人気が上昇している。やはり独自性、オリジナリティというのは、自動車メーカーにとってこれ以上なく重要なのだ。 ハイブリッド車でも、スバルが強調するのは「燃費」より「加速」 そんなスバルに試練がやってきた。環境問題とガソリン価格高騰によって、大幅に燃費を向上させる必要が生じたのだ。これができなければ、せっかく築き上げたブランド価値も地に落ちてしまう。だが、これが難しい。 多くのメーカーはエンジンとトランスミッションの間に薄型モーターを挟むことでハイブリッドとし、燃費を向上させた。この手はエンジン横置きのFFでもエンジン縦置きのFRでも大きな問題はなく、「手軽」に使える。しかし、スバルがこの方法を採用すると、エンジンがモーターの厚み分だけ前方に移動し、フロントヘビーとなってしまう。世界で唯一、エンジン縦置きのFFを採用するがゆえの問題だ。この問題をどう解決するか?
画像
新たに登場したスバルXVハイブリッドは、リニアトロニック(CVT)トランスミッション内、プライマリープーリーの後方にモーターを配置した。これにより、水平対向エンジン、左右対称のシンメトリー構造、4WDといったスバルの魅力をいっさい損なうことなく、ハイブリッド化に成功している。 このハイブリッドは技術的にすごいのかというと、正直、それほどでもないと思う。少なくとも、他メーカーの技術者が歯ぎしりして悔しがるような革新性があるわけではない。むしろ感心するのは、そのサジ加減だ。XVハイブリッドのJC08モード燃費は20km/リットル。スバルはSUVナンバーワンの燃費というが、インパクトに欠ける感は否めない。しかしそれは、「何が何でも燃費」とヒステリックに取り乱すことなく、スバルらしさをしっかり追求したうえで、その次に燃費という判断をした結果だろう。 スバルとしても、エコブーム、ハイブリッド人気という時流に乗らないわけにはいかなかった。乗らなければ無視できない数のユーザーにそっぽを向かれることになるかもしれない。しかし、エコに走ってもスバルらしさが少しでも失われたなら、せっかく築き上げたブランドイメージ、スバルだけの魅力に取り返しの付かない傷をつけることになりかねない。 だからこそスバルは、「時流に乗りつつ、しかし乗らない」という、絶妙な舵取りをしたのではないだろうか? ハイブリッド化によって燃費向上も果たしはしたが、たとえばスバルのウェブサイトを見てみると、ハイブリッドのメリットとして一番に強調されているのは燃費ではなく、パワフルな加速だ。エコの時流に乗ったようで、じつはスバルの魅力である走りに磨きをかけているのである。水平対向エンジンという異端を存続させるには、これくらいのしたたかさが必要なのだろう。 ちなみに嘘みたいな本当の動画 雪道でスタッグしたトレーラーをインプレッサが牽引するというもの・・・ アンビリーバボー

お客様感謝デイ に行ってきた。

10月12日 、13日、14日、SUBARUお客様感謝ディに行ってきました。ディーラーで開催のイベントなんですがね。内容は以下のとおりです。
画像
冬に備えて無料で車のコンディション10ポイントチェックをしてもらえます。 ・エンジン  ・ベルト ・冷却水 ・バッテリー  ・ブレーキオイル ・エンジンオイル ・ウォーニングランプ ・ワイパー ・タイヤ ・ストップランプ スパナくんを探せ! ~ハロウィンスペシャル~ 来店でお菓子の詰め合わせがもらえます。詰め合わせの中に【スパナくんキラキラキーホルダー】があれば【スパナくんブランケット】が当たるという物 この日は初日のため、混雑が予想されたのでBOφWYSはDSを持参。もう慣れたものです。 これも無料でソフトドリンク飲み放題です。が、常識の範囲内で・・・・、ペプシコーラをいただきました。
画像
BOφWYSが頂いた詰め合わせの中には残念ながらスパナくんはおりませんでした。 しかしながら、工場に我が家と同車両を発見。 長いことお世話になっておりますが、この様な事は初めて・・・
画像
《レガシィ・アウトバック L.L. Bean EDITION ダークグリーン》 目立った異常もなく帰宅となりました。 最近は【ぶつからない車(アイサイトVer2)】に赤を認識する機能が増えたとか・・・・。さらに色の認識により対応スピードを上げるとか・・・・。  今後の進化に期待してしまいます。
posted by アウトバックダブルアール at 08:46Comment(0)TrackBack(0)

キャンプの新アイテム

20年ぶりにキャンプストーブを購入しました。 赤ガソリンも使用可能になります。 燃費比較(ガソリン1リッター価格) 赤ガソリン  140円ぐらい(ガソリンスタンド) 白ガソリン  742円           (コールマンアウトレッド 4リッター缶2,974円より)  リッターあたり602円お得になります。 購入したものは SOTO  「MUKA STOVE」SOD-371
【送料無料】新富士バーナー SOTO MUKAスト?ブ   《SOD-371》
アクシアスポーツ
100年以上の歴史を持つガソリンストーブ。その歴史が持つ信頼感と堅牢さで、世界の登山家やアウトドアラ

楽天市場 by 【送料無料】新富士バーナー SOTO MUKAスト?ブ   《SOD-371》 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
[SUBARU]バージョン
画像
スバル オンラインショップ(リンク)で販売していたのを見つけました。 ミーハーな私。
画像
《開封すると主にこれらが入っていました》
画像
《試運転完了》 これまでのコールマンアンレデッド440と比較すると ①火力(今回は4,000kcal/h) ②レギュラーガソリン使用可能 ③火力の調整幅が大幅向上 ④燃費効率18%へ減少 これらの4点が性能アップしたことになります。 7月下旬のキャンプが楽しみです。 これまでのストーブは予備として控えることとなりそうです。 長い間、ありがとう。
【送料無料・代引無料】SOTO(ソト) SOD-371 MUKAストーブ 【バーナー ストーブ】
杜の都@SHOP
■SOTO SOD371 MUKAストーブ■関連キーワード新富士バーナー、SOTO、ソト、そと、キャ


楽天市場 by 【送料無料・代引無料】SOTO(ソト) SOD-371 MUKAストーブ 【バーナー ストーブ】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
SOTO(ソト) MUKAストーブ(SOD-371)用オプション 風防&遮熱板 SOD-454
ヒマラヤ楽天市場店
●風防・寸法/幅815×高さ110×厚み0.1(端部0.3)mm・重量/40g・材質/本体:アルミ泊


楽天市場 by SOTO(ソト) MUKAストーブ(SOD-371)用オプション 風防&遮熱板 SOD-454 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
★只今、この商品ポイント5倍!7/8 9:59まで★《在庫あり。あす楽対応》新富士バーナー SOTO 広口フューエルボトル 1000ml SOD-700-10 [送料タイプA]
ガス器具ネット
燃料の注入がしやすく、ボトル内部の洗浄もしやすい広口サイズ。SOTO SOD-371用 広口フューエ


楽天市場 by ★只今、この商品ポイント5倍!7/8 9:59まで★《在庫あり。あす楽対応》新富士バーナー SOTO 広口フューエルボトル 1000ml SOD-700-10 [送料タイプA] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
posted by アウトバックダブルアール at 15:51Comment(0)TrackBack(0)

スバル ぶつからない車 インプレッサXV ハイブリット

スバル初のハイブリッドカー誕生 スバルが誇るAWD(昔は4WDと言っていた。4輪駆動とも言っていた。) システムを維持しながらのハイブリッド車がついに完成。 SUV車、 レガシィ・アウトバックインプレッサXVフォレスター の内インプレッサで出してきました。 6/29、6/30はディーラーでのデビューフェア。 早速行ってきます。 来店すると”もれなく”ミニカー型LEDライトキーホルダーが・・・
画像
さらに試乗すると”もれなく”ぶつからないミニカーが・・・ ヘッドライトを点灯しながら走る。 止まるとブレーキランプが点灯する。
画像
これらがもらえるようです。 早速行って来よう。 試乗も楽しみです。 ハイブリッドシステムは他社に比べると後発ですが、その違いなんか が解るとイイですよね。 (ぶつからないシステムは他社が後発ですけどね)
画像
画像
posted by アウトバックダブルアール at 08:40Comment(0)TrackBack(0)

第4回 SUBARU WEB COMMUNITY MEMBERS オフ会終了 (^0^)/

行ってきました。  今年も90台登録で80台強の参加でした。 「第4回 SUBARU WEB COMMUNITY MEMBERS                                  OFF-LINE MEETING 2013」 
画像
《HAMANAKO GARDEN PARK 2013.6.9》 今年で私も4回目です。そうです。皆勤なんです。 1回の参加台数を平均85台にするとのべ340台となります。 結構すごいと思いますよ。 今回のオフ会もインプレッサが最大の勢力。 これに次いで勢力を増したのが「軽車両連合」。 徐々に台数を減らしているレガシィ。 少数ではありますが台数微増のフォレスターとBRZ。 アウトバックは・・・・今回私1台。 アウトバックの勢力拡大が求められるところです。
画像
《インプレッサ勢力》
画像
《その中でもスバルブルーのラリーレプリカが凄い》
画像
《実はインプレッサは2列以上あったんです》
画像
《まだまだいるインプレッサ》
画像
《昨年比で2倍に増加したBRZ》
画像
《徐々に拡大勢力、フォレスター》
画像
《第2勢力の軽車両軍団。特にサンバーが多かったなぁ》
画像
《勢力が年々衰えているレガシィ》 スタッフの役目をいただきましたが、登録車両が入場する時は 胸がドキドキします。 入場時間にはこれだけが集まりました。
画像
《ぜ~んぶスバル車です。左クリックで大きくなります》 プログラム的には 入 場  ↓ 開会式、自己紹介~終了後フリータイム  ↓ 昼食&フリータイム  ↓ 協賛品&持ち寄りGOODS争奪じゃんけん大会  ↓ 閉会式 基本フリーなので堅苦しくなく、気になる車に行ったり、久しぶりに 会う友人とお話をしたり・・・・。 それがまた良い。
画像
《この人達は一体何を・・・。しかもパパラッチ付きで》 車そっちのけで何を集まっているのか?と思ったら、 良い年した大人達と永遠のお嬢様が「じゃんけん大会」を始めました。
画像
《参加者が不自然に集合》
画像
《いい大人達が目の色変えて、本気で争奪戦を展開します》
画像
《KIDSもお目当ての物が出てくるまで気合を入れて待機》
画像
《来た!! 弟くん、いざ出陣。ガンプラ争奪戦》 楽しい時間はあっという間。 閉会の時間となりました。 最後に参加車両で珍しいショットを・・・。
画像
《スバルブルーは結構有名ですが、珍しいスバルのグリーンカー》
画像
《こっちの方がグリーンが綺麗に出るかな!!!》 因みにインプレッサのグリーンは「ブリティッシュグリーン」、 アウトバックは「ダークグリーン」と言います。 ちょっとラメが入った色です。 登録車両がいなくなってからスタッフで集合写真を・・・。
画像
打ち合わせは当日の開場30分前に数分。 ほとんどが第1回からスタッフをしているので、お役目を言ってもらえ ばみなさんすぐに配置に付けます。 そしてスタッフが全員集合できるのも1年でこの日のみ。 因みに、オーナー同士の投稿サイトをオフィシャルで作ったのは SUBARU(リンク)が初めてなんですよ。 楽しかった時間も終わり、帰路へ・・・・・。 この日の私は車と同じカラーリングでコーディネートしてみました。
画像
来年は浜名湖オフ会5周年とか・・・・。 最後の叫ぼう 「主催者さんとスタッフの皆さ~ん。ありがとう」