青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年初の源流行き

<<   作成日時 : 2018/09/15 09:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ようやく秋らしい夜になりました。

最近は池のウォータークリーナーの水の音と虫の聲を聞きながら

一杯やるのがマイブームになっております。



8月と9月の境目に今年、やっと源流釣りにに行くことが出来ました。

場所は始めから決め打ち。今回はKIDSもなく私一人。

荷物も出来るだけLIGHTに挑戦。

今回はせっかく一人なんだし、奥の瀧まで行ってみようかと、ハー

ケンなんかも持ったりして結局重い荷物となりました。


画像




天気予報で3日間雨の予報を確認して・・・・・・・

雨?  確認? 全部雨なんだ〜。

雨男ゆえある程度は覚悟はしているものの心も晴れない



車止めから杣道を入渓点まで2時間の歩き。

途中、祠の山神様へ道中の無事を祈願

そしてお気に入りと思われるワンダー・モーニング

ショットをお供えして再出発。

画像

≪奥の看板らしき所に山上様が祀られています≫


画像

イモリ君のお出迎え。≫


画像

≪空も晴れないから気持ちも晴れない

画像


画像

≪ズル〜ッと滑った先になめこ発見 でも小ぶり残念≫


渓に降りてしばらく歩くと渓相が大分違う。2年ぶりでこの渓は姿を

大きく変えてしまったようです。砂地だった河原がなくなったり、淵

が埋まっていたり、中洲ができていたりと・・・自然の力にはいつ来

ても驚かされます。こうやって、自然も溜まった泥とか腐食した流

木とかを浄化しているんだろうとは思いますが・・・。

しかし、ビックリ


画像



画像



画像



渓に入ると、体の熱を冷やしてくれる水が気持ちいい。

しばらく遡行するとちょっと高台に程度の良いテント場を発見。

しかしここは、多数の子ガエルのマンション。

足で落ち葉を払いながら整地していると、物凄い数の小指の爪程度

のカエルが飛び出す。ヤマアカガエルの子なのか? カジカガエルの

子なのか? ぴょんきち君が大慌てで逃げていく。


画像



ここが簡易我が家。ブルーシートで屋根を張る準備をして軽装に

なり早速釣りへGO!!

いい感じで適度に釣れてくれるイワナ君たち。

アベレージは23センチ程、ダメージを与えたらキープ。なければリリー

スと決めているので殆ど沢へ帰っていきます。


画像

≪きれいなイワナ君≫


画像

≪アメマスの様なイワナ君≫


画像

≪な・な・ナント。イワナ君の生息域にヤマメちゃんが・・・≫

この渓でのヤマメは初めて。


画像

≪今回は殆どダメージを与えていないので全てリリース≫


画像

≪張り出した枝が傘になってくれる場所で昼食≫


ラーメンで体を温めながら周囲を観察していると、岩や山腹から

水が溢れ出している。ここも連日の雨で大分雨水を含んでいる様子。

ぱらぱら雨はやむ気配もない。沢の水は笹濁り程度。

イワナもよく釣れる。



ちょっと待てよ!


昔話などでは調子の良すぎる時、それは危ないシグナル。

いやいや、俺は当てはまらないだろう。と思うのはエゴだったりする。

時間も時間だし、テント場へ戻ることとした

決してビビった訳ではない。


一応続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

今年初の源流行き 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる