ミツバチの分蜂 これも春の行事なんだなぁ

医療関係の皆様、ライフラインをキープして下さっている方々。その他生活を支えている皆さん、ありがとうございます。 見方も様々、考え方もそれぞれ、感覚も万別。私は心から感謝したいと思います。くれぐれもご自愛ください。 突然。 体調を崩してしまいました・・・・。 IMG_20200324_081805_1.jpg この写真ではソメイヨシノが咲きほこっておりますが、実際には半分ほど散りかけております。 このご時世に体調を崩すと、ご時世がご時世だけに不安になってしまいます。 当然、通院するんですが、通院途中にある物を見つけてしまいました。 枯れた蔦が絡まる、網フェンスの中に・・・。 IMG_20200410_124538.jpg 何かの塊が・・・・ よく見ると・・・・ ハチ・・・・ミツバチ・・・・しかもセイヨウミツバチ・・・・。 IMG_20200410_124553.jpg この季節のミツバチは新しい女王バチが生まれると分蜂を行います。 一つの巣に女王は2匹は要りませんよね なので、女王様と一緒に巣を出た一派 が巣を見つけるまでの間に仮宿としているところです。 日本ではミツバチの天敵はスズメバチとなっておりますが、セイヨウミツバチの故郷には天敵がいないそうです。 なので、故郷を離れたこの日本で、スズメバチに襲われると戦う術を持ち合わせていないセイヨウミツバチは大方全滅してしまいます。 スズメバチに対し集団戦法をもって蒸し殺し、または追い払うことのできるのは以前よりこの国に住んでいる二ホンミツバチなんですねえ。 と言うことで、セイヨウミツバチは養蜂家に守ってもらわないと生きていけないんです。 きっと、近くの分蜂家が分蜂サインを見落としてしまったのではないかと思います。 このセイヨウミツバチ一家の無事を祈らずにはいられませんでした。 あ、私も病院の医師の指示により静養することとなりました。
posted by アウトバックダブルアール at 23:38Comment(0)

子ガメの誕生

最近、今年初の源流釣りに行って来ました。 が、雨のためやむ なく撤退。  それ以降、調子が今一上がりません。 さて、わが家のカメ。 繁殖をさせないため昨年6月以降、1年以上オスのイシガメと別居 させております。 オスのニホンイシガメは息子と玄関先のVIP水槽に。
画像
≪まさに親子ガメ・・・。微笑ましいです≫ 一報のメスのクサガメは最近クリーナーを入れた池に。 ところが。 今年の7月7日。何と泥にまみれて土を掘っているではありません か? よく見ると、なんと産卵の真っ最中
画像
別居生活は1年以上経つので無精卵だろうと思いましたが、これも 命。無下にもできないので一応掘り返して苔の中に保管。
画像
時々見ると、どうも成長している様子そのまま観察していると・・・水分を吸収して確実に成長している。 前回の産卵は3月。水槽に産み落とされ、その後保護したのですが この時はピッタリ100日後に孵化。 今年の夏は猛暑。孵化も早いのかと思っていると、 丁度50日後の8月26日と同29日。2個ともに無事、子ガメとなって現 れてくれました。
画像
メスのカメは子種を体の中に保管できると何かで読んだことがあり ますが、どうやらその様ですねぇ~。 子ガメは小さくて可愛い
画像
しばらくの間、家族で優しく見守ろうと思います。
画像
posted by アウトバックダブルアール at 17:36Comment(0)TrackBack(0)

我が家のカメ20180114

寒波到来で日本海側では大雪に見舞われている今日この頃。 金沢ではテレビの電波塔に落雷があり、民放放送1局を見ることができないとか・・・・。 私も金沢に居たことがあり、大変さは重々承知しております。 寒波には早々に立ち去っていただきたいものです。 さて。 我が家の常夏VIPエリアで生活しているカメの親子は・・・・。 父親のニホンイシガメと子のウンキュウ。 父親は植木鉢の中に入り、底の水抜きから頭を出すこのスタイルが最近のお気に入り。
画像
うまく隠れているつもりなのか・・・・。見ていて面白い。 子ガメはよく父に着いて回ります。 カメなので、群れる訳ではなく、親子間の感情もないと思いますが、 さながらひたすら父の真似をする人間の子の様で、なんだか我が家のBOφWYSの幼少期を思い出してしまいます。 カメってこんなことあるのでしょうか?
画像
画像
画像
ちょっと臆病なくらいのニホンイシガメ。子ガメと仲良く生活しております。 母親のクサガメは・・・・・。 父親のニホンイシガメに噛みつくので、子ガメも同様にやられては大変と、庭で冬眠させております。 落ち葉を水に2週間ほど浸し、アクを抜いてからギッチリと敷き詰め、中にクサガメを入れてあります。当然普段は同じスチロールの蓋を空気穴を開けて被せていますよ。
画像
posted by アウトバックダブルアール at 18:47Comment(0)TrackBack(0)

我が家のカメ20170803

我が家のカメ  ニホンイシガメ オス  スクワート  クサガメ    メス  Z(ゼータ)クラッシュ  ウンキュウ(子亀) おそらくオス  名前はまだない スクワートとZ(ゼータ)クラッシュ。 子を儲けて親亀にはなったものの、相性が悪いのか? 異なる種同士の性か、とにかく仲が悪い。 スクワートは15歳。 Z(ゼータ)クラッシュ6歳なのだが。体格はZ(ゼータ)クラッシュ の方がやや大きい。 クサガメがイシガメに噛みつくんです。 スクワートの警戒心は半端ではない。
画像
≪甲羅干しをしているスクワートに忍び寄るZ(ゼータ)クラッシュ≫
画像
≪警戒し、一定の間合いを保ちながらゆっくりと移動≫
画像
≪場所を譲ってしまいました≫ 見ていると、クサガメはこんなに獰猛だったかな? と疑問がわきます。 個体の大きな方が有利ではある世界ですが、同種においてもこの様なことはあり得るのだろうか?
posted by アウトバックダブルアール at 19:44Comment(0)TrackBack(0)

我が家のカメ20170730

我が家のカメ  ニホンイシガメ   オス       スクワート  クサガメ       メス       Z(ゼータ)クラッシュ  ウンキュウ(子亀) おそらくオス  名前はまだない 子亀は親亀達とは違うフィールで生活しております。 孵化後、1カ月程は食事以外は、ほぼほぼ寝てばかりでしたが(亀の子も人の子も生まれたては睡眠が重要なんですね)、現在は動きもかなり活発になり元気いっぱいです。
画像
≪甲羅干しが大好き≫ カメブロスで育てていましたが、最近ミミズを投入。 本能にスイッチが入ったらしく、肉食獣の様。 食べ方は父親のスクワートの子供の頃そっくりで、クサガメの食事とはまだ違う。
画像
初夏のある日、飼育ケースにアナカリスを入れてやると・・・・・、 居心地のいい場所になったようです。
posted by アウトバックダブルアール at 11:31Comment(0)TrackBack(0)

我が家のカメ20170725

我が家のニホンイシガメ、食べることが出来ると判断したものなら何でも食べます。 ダンゴムシやナメクジ。バッタとかも・・・・。 ベジタリアンなところもあり、バナナ、トマトも好物です。
画像
画像
夏は池周辺の日陰に隠れており、水を撒くとカメらしからぬスピードで出てきます。 以前NHK「ダーウィンが来た」で放送していた通り、リクガメっぽい習性です。
画像
しかし、湿ってくると出てくるのはヒキガエルっぽくて・・・・愛するイシガメ君ではあるが、私的には 近所には絶対いないという自信があるから安心できるが・・・・・。
posted by アウトバックダブルアール at 08:30Comment(0)TrackBack(0)

我が家のカメ20170704

子ガメが孵化した。 と言うのも、12月、1月、3月と多少誤差はあるもののほぼ1ヶ月おきにカメが水槽内に卵を生んだ。2個づつ3回で合計6個。 父親と母親はこの種類。
画像
オスがニホンイシガメ。 メスがクサガメ。 種が違うので子はハイブリッド。 この場合は「ウンキュウ」と呼ばれるものになります。 びっくりしましたよ。 何せ、初めてだし・・・・どうして良いのか分からないし・・・・。 気が着いた時点で(水に浸かっていた時間は不明)直ぐに水槽から引き上げ、直ぐにネットで情報収集。 現存するグッズで自分なりの孵化器の開発を行う。 ①兎に角大きな飼育ケースの中にぬるま湯をはり金魚用の27度キープのサーモを入れた。 ②小型の飼育ケースに同等のぬるま湯でかなり湿らせた苔を入れ、卵の上下を間違わないように保管。玉子のトップには付箋を貼りマジックで発見した日を入れた。 ③①の中に②を入れて湯煎で保温保管。苔が乾かないように3日に1度たっぷりと霧吹きでぬるま湯を吹く。 これで6月30日まで待った。 ≪結果≫ 12月の卵→大きく変形し孵化の兆しあり。しかし4月の上旬に殻が崩れだした。絶望的と思い殻を破いてみると、2個ともヨークサックもなくなったほぼ完成体状態の幼体が亡くなっていた。 2月の卵→これが一番自信があったのだが最後まで孵らず。 3月の卵→弟君が発見し、保管したもの。1個は6月15日に無事に孵化したがもう1個は孵らず。 孵らなかった卵を破いてみると…。温泉卵の様な状態(卵黄が固まり卵白が白く濁った半液体)になっていた。 ≪反省≫   ・12月の卵はまだ気温が低すぎたのだろうか?湯煎の水温は25度前後。    苔の中は22度前後で双方ともに20度は切っていない。   ・最後まで残った3個は無精卵? 孵化率1/6。 最初の2個の卵は可哀想なことをした
画像
画像
寝てばかりいる子ガメですが、大切に育てたいと思います。   
posted by アウトバックダブルアール at 22:31Comment(0)TrackBack(0)

ちょっと早いかもしれないが・・・

先日、ちょっとした大事件が発生した。 とある休日、出かけようとして靴を履くと・・・・。 つま先に堅い感触を感じる ヘッドランプで覗こうとしても見えない 箸でつまんでつまめない ならばと思い靴の中敷きを引き出すと・・・・・。 な・なんとオオクワガタが隠れておりました。
画像
逃げ出していたんですねェ~。 今年で4年目なので越冬中に亡くなってしまうのではないか? と思っていたんですが、無事に春を迎えることが出来たようです。 しかし、たまげた登場のしかたでした。 いつも間にかヒメオオクワガタも出てきていたようです。
画像
じゃあ。   ということで、いつもクワガタを見に行く河原の木々をお兄ちゃんと見に行きました。 夕方になるのを待って・・・・・・・。
画像
画像
画像
≪いたいた、さい先良くコクワガタを発見≫ ノコギリクワガタやカブトムシへの期待が大きくなります。
画像
画像
樹液もあちらこちらから良い感じで吹き出している。 樹液近くの障害物を探すと・・・・
画像
≪魅力的なおしりを発見≫
画像
≪ヒラタクワガタと見間違うような大きなコクワガタを発見≫ 目が慣れてくるとあっちの洞、こっちの洞に見ることが出来た。
画像
画像
≪これも大きいなぁ
画像
画像
今年は暖かいので、既に出ているかと思ったがまだ早かったようでコクワガタ天国でした。 このポイントは今年も楽しませてくれそうな予感がします。
posted by アウトバックダブルアール at 06:47Comment(0)TrackBack(0)

今年のゴールデンウィークもキャンプに行った  壱

今年のゴールデンウィークは3連休×2、2連休という展開。 某政権の政策はほとんど我が家に恩恵を与えてくれないので、5月に入ってからの3連休でキャンプに行くことにした。 ついでに近所の山でも登ろうかと地形図も買いこむ。 久しぶりのキャンプで気持ちはまるで遠足前の小学生。 宿泊中の食事もKIDSを巻き込んで何を作ろう、何を食べようと千思万考。 キャンプ場の周辺にはスーパーが無いので食材も購入して行きます。 早めに家を出て北上しキャンプ場周辺を車で散策。ほぼ毎年来ている土地ではあるが、今回は昨年秋の豪雨で景色が変わっている所がいくつもある。景色を変えるほどの自然の猛威には衝撃と恐怖を感じる。 受付時間までは「道の駅」巡り。 「道の駅 湯西川」
画像
≪朝から足湯 かなり温くはありますが、10分ほど入っていると体も温かくなってきます≫ 「道の駅 田島」
画像
≪旬の山菜を求めて別の道の駅へ・・・・コゴミ、ウド等たくさんありました≫ で、時間となりキャンプ場へ向かいます。
画像
画像
≪キャンプ場下の河原ではニホンザルが迎えてくれました≫
画像
キャンプ場には到着しましたが時はGW。区画サイトは超満員・・・・・。 人、人、人、そしてテントと車の展示場 満員キャンプ場は好きではないので、一番奥の林間サイトに通してもうこととなりました。
画像
≪これから春・・・・。っていう感じですね~≫ この3日間は雨予報、さらに風予報。キャンプでの雨率70%の我が家にとってはどうって事無い。 キャンプで晴れていれば良い日雨が降っても家族で話が出来ればそれも良い日雨風に吹かれても協力してやり過ごせれば、それはそれでよい日。 タープ(ブルーシートです)を張り、テントを張る。 しかし、トラブル発生。 テントポールのショックコードが切れてしまった。 さらに・・・・ フライシートのシームテープ剥がれが剥がれている。なんとも酷くてみすぼらしい
画像
でもね・・・・・・。 新しいテントは買いません。 家族でキャンプが出来なくなるまで、手を加えながらこのテントを使いたいんです。 落ちてきた防水機能も、切れたショックコードも、シームテープの剥がれも回復は可能です。 これまでも手を加えてきました。 ・ルーフ用メインポール   http://80047107.at.webry.info/201212/article_1.html 新品は、KIDSが巣立って大きいテントが無用になってから・・・・かな・・・・。
画像
≪ペグダウンは弟君と妹ちゃんがやってくれました≫
画像
≪この時間の風上に車、風下にテントを置き風対策を施します。中にタープを張りリビングを作ります≫ 設置後は暖を取るための薪を切りそろえます。 これには妹ちゃんも積極的に参加。 お兄ちゃんに教わってノコギリで薪をカット。
画像
画像
≪なんでも笑顔で楽しめる妹ちゃん。いろいろと羨ましい≫
画像
≪周囲にはハルゼミの抜け殻もあちらこちらに見られます≫ ※春ゼミって入力すると予備校っぽいので、カタカナにしてみた。 夕食までの時間、10ミリの荷造り用ロープとカラビナがいくつかザックに付いていたので、それぞれの使い方、中間支点の取り方、確保の仕方を指導し、ちょっとした山岳ごっこを・・・・。 嫌いではない様で、結構楽しんでおりました。
画像
画像
夕方から風が徐々に強くなってきた。 梢を吹く風・・・・。地面を吹く風・・・・・・。遠くから近づいてくる風・・・・・・・。 音を聞いているとだんだん分かるようになってくる。 地面を吹く風は時にテントを歪ませるほど強い。 夕食の準備中にタープは畳んでしまった。 煽られたり、破れたりするのはブルーシートとは言え嫌だからね。 で、夕食。 今回はアヒージョをみんなで作った。 寒かったから丁度いい。
画像
画像
いろいろ入れてとオリーブオイルで煮込んで食べます。 つついて食べても良し。 パンに乗せて食べても良し。 寒い日でしたので、温かく、美味しくいただきました。
画像
画像
林間のサイトだし、風が強いので大きな火はおこせず、アヒージョを食べてビールと日本酒を飲んで寝てしまいました。 夜のうちに風はますます強くなり、雨も降りだす様はまるで台風 風は明け方にはだいぶ弱くなりましたが昼頃には復活、雨は10時ごろまで続きましたとさ。
posted by アウトバックダブルアール at 23:03Comment(0)TrackBack(0)

GW前半 いつものホソへ

前回、お兄ちゃんといろいろな話ができたホソへ、今度は奥さん、弟君、妹ちゃんを連れて・・・。 芝生の土手があるため、近所のスーパーで段ボールをゲット。 段ボールを開いて芝滑り。
画像
結構滑ってはいるが段ボールの底にフッ素をスプレーしてチューニング。 さらにパワーアップ! 恐るべしフッ素。 キャーキャー言って喜んでいました。 当然、最後に段ボールはボロボロになります。 ここには白鳥も住み着いているんです。 大型の鳥なので迫力も満点。 道沿いに陣取って通行人を威嚇しておりました
画像
奥さんと妹ちゃんは近くの公園に、 私と弟君はホソへ小鮒釣りに。
画像
前回のお兄ちゃん同様にタナゴの細仕掛け。エサは”グルテンONE”。 クサガメが浮いてきたり、ミツバチが飛んで来たりとのどかで、ゆっくりとした時間が経過。
画像
結構レアものも釣れたりしました。
画像
≪ツチフキ≫
画像
≪小鮒に挟まれてドジョウ≫ 鯉もかかりましたが、当然ハリがもたない。 大きいのがかかった時は始めから釣れないものと思うようにしております。 で、最終的な釣果はこんな感じ。
画像
釣り終わったとたん、大きなヘラブナが悠々と泳いでいたりします。
画像
まあ、釣りってこんなもんだよね・・・・。 本日も魚たちに遊んでもらいました。
posted by アウトバックダブルアール at 19:50Comment(0)TrackBack(0)

水槽に水草を入れみた結果・・・・

かなり寒くなりましたねェ~。 前回の更新から20日ほどが経過しました。南関東では雪らしい雪は未だにございません。1月から、南岸低気圧の北上と大陸より来る寒気団の影響で、天気予報による雪が「降るぞ、降るぞ」の警戒攻撃でスタッドレスタイヤも新調したのですが、未だにこれといった出番はございません。
画像
画像

前回のスタッドレスタイヤはダンロップだったんのですが、今回はYOKOHAMAにしてみました。今年はスキーに行く予定もないので、出番はないかも・・・。 さて、1月24日に入れたカメ水槽への水草ですが、一週間後・・・・・。
画像
≪な・なんと・・・。ほとんどございません≫
画像
≪エビ君もびっくり≫ 1週間かけて、カメさんが食べてしまいました。 雑食性ではありますが、この一週間は”フレッシュ野菜”のおかげでかなりベジタリアンだったんだろうなぁ~。 たぶん、出す物もかなりの量だったと思います。 エビ君も処理できないぐらいの・・・・

水槽に水草を入れてみた

寒波到来のこの季節、水温26度の水槽内はかなりVIPな待遇です。 相も変わらず、カメ水槽の中にはモエビ、カダヤシ、石巻貝が同居中。 あまりに殺伐とした風景なので水草を入れてみた。
画像
入れた水草は「オオカナダモ」と「マツモ」。 両方ともにホソ釣りの際、用水路から採ってきて水道水に浸けておいたもの。 レプトミンを与えてはいますが、雑食性で知られているクサガメです。
(カメのエサ)テトラレプトミン 110G
総合ペット ディスカス
.主にミドリガメ・ゼニガメ用に開発された消化吸収に優れたスティックタイプの浮上性フードです。.ミドリ
これらの水草、やはり我が家のカメさんも食べてしまうんです。 1月23日にセッティング(入れただけ)した水草、 いつまでもつでしょうか???
画像
画像
キョーリン カメのエサ 大粒 200g 国産の納豆菌、乳酸菌、酵母菌の力でニオイ、汚れをおさえる。
行列のできるペット館
1.水の汚れと臭いを軽減ひかり菌のプロバイオティクス効果と茶葉の消臭効果で水の汚れと臭いを抑えます。
キョーリン NEWカメのエサ  200g
マペット
【原材料】フィッシュミール、小麦粉、大豆粕、糟糠類、ビール酵母、とうもろこし、グルテンミール、アミノ

冬でも川の生き物は頑張っているんです

寒い日が続いていますね。 週末でも出かけるのがかなり億劫になっているきょう、このごろです。 さて、玄関先に陣取り、我が家へ迫る不吉をその甲羅で跳ね返しているクサガメの「ゼータ・クラッシュ」。 最近はレプトミン(市販されているカメのエサ)しか食べてさせておりません。たまには生餌でも・・・・と言う事で近所のホソへ行ってミタ。
画像
≪玄関先の守護神、クサガメの「ゼータ・クラッシュ」。水温が適温に調整しているため我が家で一番温かい所で生活しております。VIPなんです。≫ お兄ちゃんを誘って来たのだが北風がかなり冷たい。しかも強い。 川の上流を見ても下流を見ても、寒さだけしか伝わりません。
画像
≪釣り人は寒さに、かなり強らしい≫
画像
≪寒くて我慢ならない。もう帰りたい≫
画像
≪手頃な深場を見つけて早速ガサガサを始めるお兄ちゃん≫
画像
≪一発で大量のカッパエビせんスジエビをゲット≫ ある程度成果が出ると楽しくなるのが常。 気分的に寒さもだんだんと和らいでいきます。 ポイントを移動しながら網を入れていくと・・・・・。
画像
≪枯草の中に冬眠中のヤゴ発見。トンボの種類はなんだろう?≫
画像
≪こちらも冬眠中のアメリカザリガニ。水温が高い日は活動するのかも≫
画像
≪総称クチボソと呼ばれているモノ達の一種でタモロコ≫
画像
≪タナゴなのですが、種類は不明≫
画像
≪ヌマエビとメダカ≫
画像
≪これは・・・・ツチフキっぽい≫
画像
≪20センチ程のヘラブナも捕れた≫
画像
≪上にいるのがマブナの子、下にいるのがヘラブナの子。双方ともに目が大きくてかわいい≫ 将来お目に関わりたくはない生物も・・・・。
画像
≪こんなのもいたりする。  ウシガエルのオタマジャクシ≫
画像
≪これらのスジエビは・・・・お持ち帰りで、クサガメのエサになります≫
画像
≪車に戻る途中、湖畔には・・・・ハクチョウとカモが仲良くおりました≫
画像
≪こちらにも違う種類の水鳥が・・・・≫ 夕日に向かってデートをするロマンチックなやつも。
画像
躍動を感じにくいホソでしたが、代謝を落としながら暖かい季節を待つ、川の生き物の頑張りを見せていただきました。 カメ用のエサになるスジエビのみがお持ち帰りで、あとは全てリリース。これは比較的冷水に強いので、家では屋外のバケツで飼育し、必要に合わせてカメのエサになってもらうことになります。そのまま、生きたまま水槽に入れるとあっちこっち食い散らかしてザリガニレベルの無法者に変身。水槽内がボロボロにされてしまうので、そうならぬように隔離してしまうんです。 カメのエサ用に加工して動かなくなったエビを投入すると、・・・・それを見つけた「ゼータ・クラッシュ」は・・・・。 すっかり野生に戻ってしまった様で・・・・2匹のスジエビをパクリと食べてしまいました。

庭の池から水槽に帰ってきたクサガメ

久しぶりのカメ記事。 夏の間、庭の池に避暑に行っていた我が家のクサガメさん。 越冬のために屋内水槽へ引っ越しました。
画像
ここは冬の間、1日の水温26度、気温32度と家の中で一番温かいんです(かなりVIP)。 その他の生態も元気に活躍しており、現在は結構にぎやかです。 先日、釣り(リンク)の帰りにアナカリスと沼エビを少々持ち帰ってきました。アナカリスは泥や汚れを水道水で良く洗い1日浸けた後、緑色をした良い所だけを水槽内に生けます。沼エビも1日水道水に浸けておき、生きているものを水槽内に放流してみました。 上の写真で揺らいでいる水草がアナカリス。ペットショップに行くと一束単位で販売していますね。 沼エビはカメの食べ残し、排泄物、甲羅に着いた物、水槽内に付いた藻等いろいろと食べてくれます。水槽内ではこれが一番貢献度が高いかも・・・・。スジエビも取れましたがザリガニチックなイメージなので他の生態へ悪さをします。なのでクサガメさんの甲羅作り(要はえさです)に貢献してもらう事になりました。 エビと一緒に水槽内の藻を掃除してくれるのがチーム貝。 ここに入っているのはヒメタニシとイシマキガイの2種類。 結構良い仕事してくれております。
画像
≪夜、カメが寝る所。 エビが井戸端会議中、旨いものが落ちているのか?≫
画像
≪流れの淀む石の間でもしっかりと掃除中≫
画像
≪外掛けろ過器の取水口は大人気の場所。夜の競争率が凄い≫
画像
≪油断すると、いつもカメにひっくり返されるヒメタニシ≫ 沼エビとヤマトヌマエビ、ヒメタニシとイシマキガイはガラス等に付いた藻を掃除してくれます。すばらしい働き者です。 ろ過器で使っているのは「GEXらくらくフィルター M」。すでに製造終了になっておりますが後継機は「GEX らくらくパワーパワーフィルター」と言う名になっております。さすがにカメが相手ではフィルター能力が不足しているようでフィルター交換は 1~2週間の頻度になります(手を考えないといかんな~)。 水槽用ヒーターも新規購入しました。今年4月まで同じ物を使っていたのですが、26度キープの性能なのに水温計28度の表示が続いていたんです。今回も投入前にバケツで確認してみたら30度近い水温に・・・・。こりゃまずいでしょう
テトラ レプトヒーター 100W RH?100 爬虫類 水中ヒーター 関東当日便
charm 楽天市場店
メーカー:テトラ品番:75035小亀に最適!26℃をキープ!水棲カメに最適な小型のオートヒーターです


楽天市場 by テトラ レプトヒーター 100W RH?100 爬虫類 水中ヒーター 関東当日便 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
≪冬だけの使用で私は3年使えました。またまたこれを購入。≫
画像
カメを中心にした、小世界。 見ていると結構癒されます。
アナカリス 50本
フォーカス
「オオカナダモ」という名前で呼ばれ、低温や水質汚濁などの悪条件にも耐えます。水面に出てくる白い花も可


楽天市場 by アナカリス 50本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
GEX(ジェックス) 外掛け式フィルター 簡単ラクラクフィルター 交換ろ過材 SM-6P 6個入り
アソシエ 雑貨館
メーカージェックスその他簡単ラクラクフィルターSM交換用ろか材6個入り◆ろ過材の横幅約8cmの他社外


楽天市場 by GEX(ジェックス) 外掛け式フィルター 簡単ラクラクフィルター 交換ろ過材 SM-6P 6個入り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

親と子

近所にある市が管理している「森と広場」にKIDSを連れてお出かけしてミタ。   いつもの事ながら、真っ先に急行するのは水辺の湿地帯。 この季節に見かけるのは、愛くるしいカルガモの親子。今年も見かける事が出来ましたがいたのは親ガモに2羽の子ガモ。 子ガモが少ないなと思っていると、野鳥愛好家の方が空かさず説明してくれました。弱肉強食の厳しい掟に殉じたそうです。 自然界の生存競争は非情ですからね。残った子ガモの成長を祈らずにはいられませんでした。
画像
画像
画像
人間の世界はおかしいことになっておりますが、親と子の絆は失いたくありませんね。 私も気をつけなければ…

秋晴れの日、久しぶりに一人で釣りへ・・・・・・・・・。

月曜日の出来事・・・・。 世の中は3連休でしたが、私は会社の上司から土曜日出勤を命じ られ、日曜、月曜と普通の連休でした。 3連休であれば、檜枝岐のあのキャンプ場へ行こうと思っていましたが 露と消え・・・・。来年に持ち越しとなりました。 ------------------------------------------------------ ところで、私には釣りと言う趣味があります。 本業は渓流釣りなんです(特にテンカラ釣り)。 その渓流は、先日記事にした「親子で行く源流紀行」で今年の最終 となってしまいました。なので本日は近所へ鯉釣りと相成りました。 しかも、久しぶりの単品(1人)です。たまには良いよね・・・・。 以前、渓流のルアーフィッシングをしていた事があるのでライトタックル を使います。 ロット・・・・・ダイワ、シルバークリーク150 ライトアクション リール・・・・ダイワ、エンブレム-Z どちらも15年ぐらい前の品です。 ライン・・・・ナイロン1号 針・・・・・・・丸海津12号 餌・・・・・・・食パンのチャミング仕掛け ナイロンライン1号で上げる訳ですから、1匹釣る毎に釣針とライン を結びなおします。 ------------------------------------------------------ お昼頃から出かけました。 水面を玉浮きと一緒に流れる食パンをもてあそぶ、やる気の無い様な アタリが連発・・・・。 思い切ってポイント変更。 ポイントを変更し食パンの細切れを数個流すと、もの凄いライズ。 早速釣針にパンを付けて流すとアタリが・・・・。
画像
≪まずは1匹目です≫ ペットボトルが220㍉なので400㍉と言ったところでしょうか。
画像
≪そして2匹目≫ 同じくペットボトルが220㍉なので470㍉。
画像
≪3匹目。これが一番走りました≫ 網の直径が385㍉なのでこれは520㍉。
画像
画像
画像
≪4匹目になると写真を取る余裕も出て来ました≫
画像
≪4匹目です≫ これは510㍉ぐらいでしょうか・・・・。 この辺りがアベレージのようです。 昼食を取るのも忘れて気が付けば16時。 本日はこれで終了
画像
-------------------------------------------------- 2年間にリールに巻いたライン。 巻癖がひどく縒れてばかり。解くのに結構時間を費やしました。 そしてこの日の外道はカメ。 水面を流れる食パンを食べに来るんです。 しかもエサ取りもうまい・・・・。 久しぶりの一人釣り・・・。堪能できました。 ------------------------------------------------- しかし、釣の時間て「アッ」と言う間です。 釣りをされる方、そう思いませんか?

あの時の赤ん坊クサガメは今・・・

7月21日に中川から子亀を連れて来たと言う記事書きました。 その子亀は今・・・・・。 家に滞在しております。
画像
その他の生き物達と一応仲良く生活しています。 水槽に入っているのは・・・ ・クサガメの子 ・金魚 ・ヤマトヌマエビ ・ミナミヌマエビ ・石巻貝 ・金魚藻 の面々です。
画像
このカメ君、金魚にもエビにも構われてしまいます。 水替えは2週間に1度、1/3位づつ。 ろ過器のフィルター交換は1ヶ月に1度です。
画像
仕草が可愛いクサガメ君でした。
posted by アウトバックダブルアール at 00:10Comment(0)TrackBack(0)

中川から連れて来た子亀と金魚救いの金魚

さて、夏祭りで救出した金魚は塩水で消毒された後、無事に水槽に 収まりました。以前、ニホンイシガメのスクワートが金魚と生活をして いたシステムです。
画像
画像
画像
  ・45センチ水槽   ・外掛けろ過システム   ・金魚藻   ・布袋草   ・ミナミヌマエビ または ヤマトヌマエビ
画像
≪現在のニホンイシガメのスクワート≫ そしてここには先日、中川で捕まえて来た赤ちゃんクサガメも入る 事になりました。
画像
≪慣れるまでケースで過ごしてもらい        市販されているカメのエサを食べるようになりました≫ 水草は金魚藻と布袋草です。
画像
画像
金魚藻は外出の時の金魚のエサとして。 布袋草は子亀の隠れ家として、入れてあります。 そして金魚は・・・・・
画像
≪隅でじっとしていますが、そのうち慣れてきます≫ クサガメの赤ちゃんは・・・・
画像
≪お気に入りの場所。お気に入りのスタイル≫
画像
≪何見てんだよ~≫ 念を押しておきますが金魚をエサとして入れるのではありません。 あくまでクサガメ 金魚 ミナミヌマエビ バクテリア 水草 と言う食物連鎖や浄化循環システムを 実践でKIDSに理解してもらうためです。(いかにも大人の理屈ですね) 前回(ニホンイシガメの場合)は2年程もちました。 カメの野生本能が覚醒したら同居も終了です。
画像
≪ニホンイシガメ、オス5歳かな? 甲羅長16センチ≫ 今は60センチ水槽の殺風景な景色の中にいます。 水草とか入れてやりたいが、結構力が強くて装飾をすぐに壊して しまうんです
【送料無料】【代引不可】アクアテーブル 幅105×奥行き60×高さ55cm テーブル型水槽 金魚や亀、シュライヒ等のフィギュアを入れるのにオススメ!AQUA TABLE
家具のインテリアオフィスワン
■商品説明「アクアテーブル」無機質で機械的なデザイン。漆黒の縁取りを施した強化ガラス天板。画期的なガ

楽天市場 by 【送料無料】【代引不可】アクアテーブル 幅105×奥行き60×高さ55cm テーブル型水槽 金魚や亀、シュライヒ等のフィギュアを入れるのにオススメ!AQUA TABLE の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
【送料無料】【代引不可】アクアテーブル 幅105×奥行き60×高さ39.5cm テーブル型水槽 金魚や亀、シュライヒ等のフィギュアを入れるのにオススメ!AQUA TABLE
HUONEST
■商品説明「アクアテーブル」無機質で機械的なデザイン。漆黒の縁取りを施した強化ガラス天板。画期的なガ

楽天市場 by 【送料無料】【代引不可】アクアテーブル 幅105×奥行き60×高さ39.5cm テーブル型水槽 金魚や亀、シュライヒ等のフィギュアを入れるのにオススメ!AQUA TABLE の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
P丸柄 抜き金魚 赤 No.82 37x23cm うちわ(団扇) 100本入り【宅配便】
まんま母さんのりぼん
受注生産商品となります。100本単位でのご注文となります。ご注文後の製作となりますので納期は4日から

楽天市場 by P丸柄 抜き金魚 赤 No.82 37x23cm うちわ(団扇) 100本入り【宅配便】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

蟹を取っていたのですが・・・。家族が増えてしまった。

日曜日、葛飾区のある大学病院へ出かけました。 入院している方をお見舞いに行ったのですが、途中で飽きたBOΦW YSを連れて横を流れる「中川」へ出かけました。 釣りをしている太公望がポツリポツリと見られます。 釣果を見ていると・・・・。 手長エビ、似鯉、鯉が釣れているようです。 釣道具を何も持って来ていないBOΦWYSは、たま~にボラが跳ねる 川面を正面に、岸の捨石の間にいる蟹と戯れていました。 「蟹が何匹る~」「あっ!! ボラ大きい」と言う元気な声が響き 渡る中、「あっ、カメ」と言うお兄ちゃんの声が・・・・。 てっきりミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)だと思ったら・・・・、 なんとクサガメの赤ん坊です。 孵化後、2か月程度では・・・。
画像
≪お兄ちゃんが見つけたクサガメの子≫ 連れてきてしまいました。
画像
≪可愛いのなんのって、どこから見ても赤ん坊≫ こんなに小さくても環境の変化にはとても敏感です。 しばらくは餌も食べない子亀もいるそうです。 今朝、レプトミン(カメのエサ)を与えてみたところ、目を放した10 分程度の間に平らげてました。 よっぽどお腹が空いていたのでしょう。 とりあえず玄関先に置いて、家族の一員になってもらうことになり ました。
画像
下にいるのは我が家に来て6年目のニホンイシガメです。 上にいるのが今回の子亀です。一緒に入れると、おそらく危害を 加えられると思うので別になっています。 この子亀の成長記録もアップしていくことになるのかな・・・?
テトラレプトミンスーパー(プレミアムバランスフード) 85g
ぼとむらいん
メーカー テトラ 容量 85g 商品詳細 嗜好性の高い天然エビを贅沢に配合したことにより、偏食傾向の


楽天市場 by テトラレプトミンスーパー(プレミアムバランスフード) 85g の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
ジェックス 株式会社 GEX カメ元気フィルター 【5-3-01】【SALE】%OFF【セール】
三匹のこぶた
【SALE】%OFF【セール】【NEWショップ】【8036】【父の日】【母の日】【ボーナス】【開店セ


楽天市場 by ジェックス 株式会社 GEX カメ元気フィルター 【5-3-01】【SALE】%OFF【セール】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル
鈴木製作所 カメ水槽400(400×260×185)● 【あす楽対応_関東】
charm 楽天市場店
鈴木製作所 カメ水槽400カメ用水槽 【仕様】 本体(約):400×260×185(mm) ※フタは


楽天市場 by 鈴木製作所 カメ水槽400(400×260×185)● 【あす楽対応_関東】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

縁起物。我が家のニホンイシガメのその後(^0^)/。と、サケの稚魚。

まずは12月20日に孵化できたサケの稚魚です。 クリスマス近辺で寒波が来たため水温は7度まで下がりました。 それ以外は毎朝7時ごろで10度前後で推移しております。 今朝の写真です。孵化後9日目。
画像
画像
≪卵嚢もまだまだしっかりついております≫ 卵嚢が邪魔で横にしかなれません。 しかし、体は魚っぽくなりかけていますね。 このまま順調に育ってほしいです。 次は大怪獣を夢見るニホンイシガメ この様な環境です。夏は座敷ガメになっていましたが、10月から 玄関先へ引っ越しました。ここは朝日が入るのでナチュラルに 光が取り込めます。
画像
以前とのろ過システムの違いが2点あります。 ・カメ用の麦飯石に変更
画像
画像
以前の物との違いは・・・判りません。前回のが優れ すぎていたので・・・ごめんなさい。 ・前回の記事です ・製品についてはここをオン ・ろ過機のろ過材を変更
画像
効果をアピールしている中で3点は垣間見ることができます。 ①水替えの軽減 ②臭いの除去 ③苔の抑制 他の点はグッズを購入し、科学的な検証が必要なため分かりま せん(ペットショップで販売はしておりますがスイッチが入りません)。 水温はサーモを入れているので24度キープ 気温は最低14度~最高17度。 赤色レフ球付近は推定24度はあると思うため、夜は殆どここで寝て おります。どうしても寒い時は水の中に入るようです。
画像
≪この様に寝ております。乾燥もここでできているようです≫
画像
≪目覚めました≫
画像
≪エンジンがかかるとこんな感じです≫ 冬眠しないように温度管理していますので食欲も十分あります。 興奮するとこんな行動もとります
画像
画像
画像
≪巨大大怪獣を夢見るニホンイシガメでした≫ 新年を迎えるに当たり、縁起物の我が家のペットの紹介でした。 ちなみにこのような本が参考になります。
画像
画像
「イシガメの里」と言う本です。児童向けの本ですが、疲れている 時は癒されますよ。日本の里山の風景がふんだんに使われてい ます。価格は税抜き1500円。
イシガメの里
楽天ブックス
商品副データわたしのワンダーみぢかな生きもの松久保晃作小峰書店この著者の新着メールを登録する発行年月
これ1本で数時間後にはピカピカの水!【GEX 天然麦飯石溶液リキッド 1L※代引不可※】
ヘルシーナ美
楽天国際配送対象店舗 (海外配送)詳細はこちらです。Rakuten International Sh

縁起の良い動物。鶴は千年。亀は万年の我が家の和ガメ君です。

我が家に住んでいるカメさん。 ニホンイシガメと言います。名前に「ニホン・・」を関しているだけあり、 日本固有種です。我が国以外の生存は確認されておりません。 決して何かの「日本代表」でもありません。 生態は、春、夏、秋と生活環境を変えているようだ・・・・。 と言うことしか分からないようです。とにかく、陸上を歩いて 田圃、清流を移動するようで、リクガメに近いのではないか? と言う方のも居られるようです。 ペットショップで売られているクサガメとはかなり近い種族で 交配もします。その場合は「ウンキュウ」という種類で分けられています。
画像
現在「ゼニガメ」として販売されているのは主にクサガメの子ですが、 本来はこのニホンイシガメの子でした。小亀は丸く小判のようなので、昔から 「ゼニガメ」と呼ばれていたようです。また、クサガメと比較して 体が弱くクサガメほど多く繁殖できないため、数量に限りがあり ペットショップでは数が置けず、ゼニガメの名称ははクサガメに 取って代わられたのではないでしょうか?
画像
今日は家のニホンイシガメについての飼育環境です。   〇水槽は60センチ。   〇濾過機を入れて物理濾過をしております。   〇水槽下に砂利を入れて生物濾過もしております。   〇以前はミナミヌマエビやドジョウなんかも入れていましたが、     今は訳があり入れていません 。   
画像
水はこれで作っています。バケツに使用する量の水を溜め 『麦飯石溶液』を規定量入れ1日おいて置きます。 始めは濁りますが、1日経つとなくなります。そこで、水槽へ・・・。 効き目は・・・はっきり言って凄いです。水がピカピカとはよく言ったものです。 期間も結構持ちますよ。
画像
物理濾過の一つとして『ゼオライトストーン』も入れております。 簡単に言えば素焼き石でしょうか!! 水中の排泄物や体に悪いものを吸収する習性があるようです。 効果期間1年となっていますが、カメが相手だと9ヶ月から 10ヶ月が限度でしょうか!!
画像
画像
日光浴用のレフ球です。E17で赤レフ球は25W、ブラックライト (紫外線放射用)30W、予備で40Wを使っています。 赤系の色は見えないのではないか?・・・と聞きましたが どうも、見えているようです。
画像
我が家に来て来年で6周年。年齢は5才です。 好きな食べ物は、脂の無い牛肉、豚肉、ナメクジ。バナナや リンゴなども食べます。 今年もお世話になりました。来年も4649。縁起ものの動物でした。  

我が家の一員のカメさんです

2005年9月頃に三重県より旅して来ました。ニホンイシガメのスクワートです。 名前の由来は「ファインディング・ニモ」に出てくる小亀からきました。 ニモを探して、ドリーとマーリンがオーストラリア海流に乗った時に海亀の中にいたあの子です。 座敷の水槽の中で普段は生活しています。近くの木は「幸福の木」(ドラセナ)です。 お兄ちゃんが生まれた時に買ったものです。幹にはお兄ちゃんの名前が書かれています。 水槽環境は中和剤を入れた水とフィルター、陸地になるレンガ、体を温める赤色のレフ球です。
画像
夜はこんな風に寝ています
画像
我が家に来てから4年経ち、こんなに大きくなりました。単三電池と比較して下さい。
画像
画像
たまーに座敷ガメにもなります。
画像
レフ球の下ではこんな風に暖まっています。
画像
ゲームをしているお兄ちゃんの足元で何かやっています。
画像
画像
小学校1年生の弟君が「飼っているいきもの」と言う、テーマで描いたスクワートです。そっくりです。
画像
好物はエビと豚肉、バナナですか? 一応、口に入るものは何でも食べます。 最近は水温が下がってきているので、サーモスタッドをつけております。 家の中を歩いていると、妹ちゃんがお母さんに抱っこをせがんで助けを求めます。 そんな妹ちゃんもカメと外にいると、平気で掴んできます。 家族の一員のニホンイシガメのスクワート君でした。 長生きしてくれ~
posted by アウトバックダブルアール at 11:05Comment(0)TrackBack(0)

久しぶりの上野動物園。ジャイアントパンダが居ないのにはちょっと悲しみが・・・

画像
本日は上野動物園に行ってきました。 入場してからパンダが居たところに行くと「ジャイアントパンダはおりません。」との看板が・・・。
画像
少しブルーになりながら、少し前、小学校の遠足に来た弟君の案内でイソップばしを渡り、西園へ・・・ オオサンショウウオが居ました。これを見せたかったようです。
画像
リクガメもおりました。 妹ちゃんがカメとにらめっこをしております。
画像
寄り添うように寝ているアザラシも・・・・。 まるで人間のようです。
画像
背筋がピンと伸びた、姿勢の良いペンギンズのお見送り。 17:00の閉演直前まで居ました。 最後に世界動物保護の貯金箱へ我が家のBOΦWYS(兄弟)へ募金させてきました。 ライオンやゴリラ、ゾウなどのお馴染みの東園在住の動物達も当然見てきましたよ。
posted by アウトバックダブルアール at 22:42Comment(0)TrackBack(0)