暖かくなってきたので小鮒釣り

最近は汗ばむ日もぼちぼちと出てきたので、釣り竿を持って近所のホソヘお兄ちゃんと釣行。
田んぼは田植え前のようで水が引いてある。ホソとはその周辺の用水路のこと。浅い田んぼで温まった水が流れ込みなんとも温かい。ホソ沿いの湿地帯にはセリも大きくなりかけている。

いつものタナゴ仕掛けにネリエのグルテンone。

この日のアタリはモゾモゾピクピクと消し込まず、横にも滑らず合わせのタイミングが取りづらい。それでも2時間ほど過ごして12匹程の釣果。

画像

《このアングルは少なく見えるな》
 

画像

《こっちの方が多く見える》

釣れてくる小鮒はどれもオデブチン。よっぽど栄養事情が良いと見える。


画像

《綺麗なタナゴも混じっていました》


往復の道すがら、高校に進学したお兄ちゃんといろいろな話ができました。

学校のこと。生徒会のこと。教室のこと。部活のこと。・・・・・。

元々持っていたものに父が気がつかなかったのか? 急激に考えがしっかりしてきたのか?

自信に溢れた言動や思考には驚いた


小鮒に演出してもらった貴重な時間でした。

この記事へのコメント

2016年04月28日 10:59
一寸前のお兄ちゃんが高校生ですか!
愛に溢れたご家庭で、素敵な青年に
なられるのでしょうね。
アウトバック・ダブルアール
2016年05月07日 08:09
>ハッピーさん

お返事遅れました。
この日はいろいろな話を聞くことが出来ました。
沢山考えて、たくさん決めることがあって大人になっていくんだなあと思います。

この記事へのトラックバック