青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS クルミ割り

<<   作成日時 : 2014/11/18 23:49   >>

面白い ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 2

庭の濡れ縁の下を整理していたらすっかり忘れていた物が出て来ました

出て来た物とは「クルミ」です。2012年にBOφWYSと源流釣りキャンプ(リンク)に行った時拾って来た物です。


画像


拾う時は意外に固いクルミの実にBOφWYSは驚いていましたが、6つほど持って来ていました。





この日、家にいた弟君を誘い、早速割ってみる事にした。


父:「クルミの実を割ってみない?」

弟君:「うん、やる・・・。 これ、一昨年の釣りで拾ってきたやつだよね。」

弟君の記憶力に父は少しだけビックリ。ついでに

父:「その時何か面白いことがあったっけ?」と当時を確認するような意地悪な質問を浴びせる。


弟君:「カラビナを川に落とした・・・・・。」「テント撤収後に「雨が降った・・・。」

はい。確かにそんなエピソードがありました

結構覚えているものだと感心しながら弟君に割り方を教えます。

「やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ」

どこかの五十六さんが言ったことの実践です(オーバーかな?)。


画像

≪これを割るんです≫


画像

≪とんがりを上に向け、左手でしっかりと抑える(これが大事かも・・・)≫


画像

≪後は手を叩かぬように衝撃を与えていきます≫

クルミを割るのはどこを叩いても良いと言うものではありません。

やっぱりポイントがあるんです。


画像

≪軽く何度か衝撃を与えていくと・・・・≫


画像

≪はい。 割れました


何度かやっていると力の加減が分かり、数回で割ることが出来るようになりました。やっぱり経験は必要だなぁ〜と思う瞬間。力に任せて叩くと一撃で割れたりしますが、粉々に飛び散る事も多かったりするんです

画像

≪なかなかハマり気味の弟君です≫



画像

≪全部割りましたが、やっぱり駄目ですね。2年は長すぎました

乾燥し過すぎており残念な結果になってしまったが、クルミを割りながら来年の源流釣りへの思いが沸々と湧いてくる父と弟君でした。と同時に、クルミを回しながら歯で割る事の出来るリスにな〜んとなく素晴らしさを感じたりする時間でもありました。



弟君:「リスすご〜い。」とは最後のクルミを割った時の言葉でした

いやいや、弟君、君もうまく割ってるよ




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
実体験程勝るもの無し!ですね。
父の有るべき姿! あっぱれです。
次は一歩進めて・・・何故? 沢沿いに胡桃の木が自生するのか?
地形、植生の関連に矛先を向けてみましょう!!
suikoushiya
2014/11/19 17:41
>suikoushiyaさん

suikoushiyaさん、いつもおありがとうございます。生物の生活環境に興味を持ち出すと奥が深すぎる事が分かります。正にエンドレス。人気のあるRPGなんか比べものにならないくらいです

アウトバック・ダブルアール
2014/11/22 00:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

クルミ割り 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる