青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014檜枝岐キャンプ5  名残惜しい撤収作業 クワガタは?

<<   作成日時 : 2014/08/19 18:53   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 4 / コメント 2

釣りをしたり、泳いだり、流されたり、クワガタを採ったりしたキャンプも

いよいよ最終日。帰宅の時が迫ります。

今年も楽しいことや、貴重な体験がありました。



朝食終了後、奥さんの食器片付けを合図にそれぞれが動き出す。

先ずはKIDSがテント内の寝具とマットの袋詰め。いつの間にか手

際よく片付けるようになっていました。以前はケンカしながら作業して

いたんですけどね。



私はバーベキューコンロの炭火の消火を・・・・・。

炭火の処理で1輪車を持ってくると、妹ちゃんがやってきた。

押してもらうと、アララ! 横倒しの危機・・・。

前への力と左右のバランスが微妙な運搬車です。

三国志で諸葛亮が開発したとされる「木牛」「流馬」もこの類の物だっ

たんだろうか?と勝手な妄想も膨らむ。

そんなことはさて置き、暫くするとコツを掴んだようで安定してきた。

画像

 ≪1輪車で水と灰の入ったバーベキューコンロを運ぶ妹ちゃん≫

始めはフラフラした1輪車押しも燃え殻を捨て、帰って来るころには様に

なっておりました。


画像

        ≪ペグ抜きもやってくれるのか??≫

しかし、これは力も体重も無さ過ぎ。 BOφWYSに手伝ってもらうことに

なります。


3日間守ってくれたタープ(ブルーシート)の片付け


画像



画像



画像



最後は最近、流山へ移転したコールマンのアウトレッドで購入したコットケー

ス(コットなし)に収まります。



最後はゴミ拾い。いつもの通り「来た時よりも綺麗に・・・」がテーマ。

画像



そして、綺麗になりました。


画像

≪え!! アウトバックが邪魔? それは勘弁して下さい≫



キャンプ場オーナー夫妻へ最後のご挨拶。

画像


撤収作業時間がKIDSの大幅戦力化により圧縮され、おかげさまでかなりの

時間が出来ました。 オーナー夫妻と久しぶりの貴重な情報交換の時間(世

間話しです)。 温泉や公園の情報を詳しく教えていただきました。 


名残惜しいですが出発の時間。

最後に、来年の年賀状用の写真?を取ってもらい帰路へ。

画像

≪キャンプ場”Tシャツ”(通称ユニフォーム)を着て年賀状撮影??≫


2泊3日の楽しい時間を過ごさせていただきました。




で、今回のキャンプでゲットした昆虫は・・・。

カブトムシ♂ 2匹    ミヤマクワガタ♂ 3匹   ミヤマクワガタ♀ 3匹

アカアシクワガタ♂ 1匹

我が家までお越しいただいたのは大きなミヤマクワガタ♂とアカアシクワ

ガタ♂それぞれ1匹ずつ。

毎日、我が家の一番涼しい所に陣取っております。


画像

   ≪こちらのミヤマクワガタにお越しいただきました≫

2匹共にお兄ちゃんのですから、撮影用に借りました。

ミヤマクワガタとオオクワガタのタイトルマッチを見てみたいところ

ですが、ペットショップやホームセンターではこの2匹で\5000は

するんじゃないか?と思った途端タイトルマッチは中止。


撮影後は直ぐにそれぞれの個室へ戻っていただきました。


≪今回のキャンプシリーズ≫

2014檜枝岐キャンプ 1 カブトムシを発見 (リンク)

2014檜枝岐キャンプ 2 バンガロー&キャンプ からまつ イワナは釣れたのか?(リンク)

2014檜枝岐キャンプ 3 バンガロー&キャンプ からまつ 川遊び (リンク)

2014檜枝岐キャンプ 4 遊びも食事も楽しく (リンク)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい
面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2014檜枝岐キャンプ 1    カブトムシを発見
夏ですね。{%打ち上げ花火(ストロボ)hdeco%}{%打ち上げ花火(ストロボ)hdeco%}{%打ち上げ花火(ストロボ)hdeco%}{%打ち上げ花火(ストロボ)hdeco%} ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/08/19 22:57
2014檜枝岐キャンプ2  バンガロー&キャンプ からまつ イワナは釣れたのか?
関東が梅雨明けした日から、檜枝岐とその西側新潟県の週間天気予 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/08/19 22:59
2014檜枝岐キャンプ3  バンガロー&キャンプ からまつ 川遊び
BOφWYSの渓流での釣りスタイルはずぶ濡れが前提なのでウェーダーで ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/08/19 23:00
2014檜枝岐キャンプ4 遊びも食事も楽しく
高原の河原のキャンプは静かに・・・。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/08/19 23:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
回数を重ねる度に、成長と進歩を感じますね。
心強い限りです。
自然の中に身を置く事の危うさを、肌感覚で身につける事の「絶対的必要性」を今日又確信しました。
「自然の中」は正に今生きている環境も「自然」の中に有る訳で、畏敬の念を失った傲慢さが大きなしっぺ返しと成りました。
過去の教訓が活かされていないと聞き、更に落胆しないではいられません。
グランドデザインの出来ない国、地方自治体、そして失礼ながら企業が提供する環境は安全と盲目的に信じて宅地、住宅を購入してしまう無防備な市民。
何ともやりどころのない思いで暗い気持ちに成ります。
前回の当地津波災害の一件でも、昔人が地域に建立した「浪分神社」、これより浜側には家を立てるなとの戒めなのだそうです。
やはり、先人の言う通りの被害と成ったのは周知の通りです。
私達は身近な家族から、己を守り抜く術を伝えていかなければ成りませんね。
我が家の次男夫婦、広島安佐南区に住んでおりますが、幸い事なきを得た様です。親としては胸を撫で下ろしました。
suikoushiya
2014/08/20 17:48
suikoushiya さん

広島安佐南区に息子さんが住んでおられたのですか? 東日本大震災を経験されたsuikoushiya さんとしては気が気ではなかったのではないですか? 

確かにグランドが出来ないんですよね。様々な要因があるとは思いますが、一番根底にあるのは品の無い話ですが”利益”なのでしょう。何を優先するのか?政治家、企業、住民も含め再考の必要性がありそうです。

この地でも忘れない様に石碑を建てたりしていたそうなので残念です。波分神社と同等の神社は国内至る所にあるようですが、建立した当時の意志の維持が出来ていないようです。

以前、「まんが日本昔話」で放送していた「みちびき地蔵」。これは津波の話ですが現在の予測できない災害に対して、戒めを再確認するためにも大々的なテレビ放送を望みたいです。

息子さん、無事でよかったですね。
アウトバック・ダブルアール
2014/08/26 06:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

2014檜枝岐キャンプ5  名残惜しい撤収作業 クワガタは? 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる