青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/29 高尾山を日影から・・・・登ってみた 後編

<<   作成日時 : 2014/04/12 06:46   >>

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 2

画像



小仏城山で富士山を見ながらなめこ汁を食べて小休止した後、ぼちぼちと高尾山山頂を目指して尾根沿いを東へ向かいます。我々が日影から登ってきた小仏城山北東尾根コースですれ違った人は2名だったので、それからすると、そのルートはかなり人気が無いように思えます。

20分ほど歩いて一丁平へ・・・・。

ここの展望台からの眺めは素晴らしい。仕事の悩みなんかちっぽけな物に思えてきそう。


画像

≪パノラマにすると、なんか富士山小さいなぁ。≫


画像

≪珍しくスリーショット≫


山頂はおそらく激混みと予測してここで昼食を取ります。カップラーメンではあるが、奥さんから「おにぎり」を持たされているので麺を食べた後のスープに入れオジヤ感覚でもう一杯。


画像


この日は10時頃からポカポカしてきて食事後は眠くなる始末。

なかなか立ち上がることが出来ません。

父     「行くぞ。」

BOφWYS「う〜・・・ん。」

父     「本当に行くぞ。」

BOφWYS「・・・・・。」


ぼちぼちと準備。

もたもたと出発。

動き出すと早いんだけどね


画像

≪一丁平の桜並木。見ごろは4月中旬ごろだとか≫


やがて出てくる3つの分かれ道。

BOφWYS「どこ行く? 」

父     「山に来て、登らないでどうする。」

BOφWYS「だよね。

一番キツイ登りのある真ん中のルートが決まった。

画像

≪左右は迂回ルート。真ん中は尾根を歩くルート。登りがきつい≫

登り切れば、高尾山山頂に辿り着きます。


ようやくたどり着いた山頂で我々を待っていたものは????

画像


予測した通り人、人、人・・・・。

画像


また、人、人、人・・・・。


高尾山人多過ぎ。こんなところで酒を入れながらバーベキューやっている人もいましたが、楽しみ方は人それぞれなんだろうか??


そんなこんなでもヒオドシチョウと傘を被った富士山を見る事が出来た。

富士山て短時間の間にいろいろな表情が見られるんだなと感動した後、ここの人混みはさっさとスルー。


画像

ヒオドシチョウ。子供達に追いかけられておりました≫


画像

≪カサ雲と空飛ぶクジラ≫


ここからは舗装道。そして多すぎる人。

高尾山口から山頂までは観光地であることが再認識できた。

画像

≪山頂を後に薬王院へ向かう≫


画像

≪今回は初めてなのでお参り≫

舗装道路になった途端、やる気が失せたように歩くBOφWYS。

確かに舗装道路は面白くない。


画像

≪ここは天狗の飛び出しが多いようだ≫


画像



画像

≪根っこがタコの足の様な”タコ杉”≫


画像

≪引っ張りダコの頭をなでなでしてきました≫


ビアマウント展望台からの関東平野。

画像

≪霞んでいました。冬に来ればスカイツリーや房総半島も見えそう≫


すっかり意気消沈のBOφWYSに6号路へ降りる道を提案。

父     「下りだけどちょっときついかもよ。」

BOφWYS「いい、行く。」

十一丁目茶屋まで戻り降下開始。

右に左に急な下りだが楽しそうなBOφWYS。

画像



画像

≪6号路への合流直前にある琵琶滝≫

画像

≪梅も満開でした≫

6号路沿いにはこんな川があるんです。

小さな川なんですが、砂防関がいくつもありその都度小さな滝になっているんです。

画像

≪じ〜っと見ていると。  出て来ました。≫

水面をゆったりと泳ぎながら流れて来るものを待っているようです。 でも捕食の瞬間は目にもとまらぬ速さですよ。ひらを打つ時は反射するシルバーの光しか見えません。

画像

≪山女魚(ヤマメ)の幼魚です≫


最後に思いがけない物を見る事が出来たBOφWYSはこれだけで結構満足のようす。

画像


ここから川沿いをJR高尾駅まで歩く予定でしたが、河川工事のため濁り入っており川の中が見えませんでした。よって、ここで終了となった次第です。

高尾山は観光地なんだと再認識。

目的は観光じゃないから次回は面白くない高尾山口〜山頂ルートは絶対に使わないなぁ〜。3号路、6号路、稲荷山コースのどれかだ。

帰りの電車は爆睡のBOφWYSでした




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
親子登山、おつかれさまでしたー♪
本当に高尾山は人だらけなんですね。下りの爽快感わかります!ぜひ、こちらの山々にも親子で訪ねに来て欲しいな〜♪
ヤマメ、いいですね〜。イクラも毛ばりも、しばらく触ってなかったのでウズウズします!
やまや
2014/04/17 01:06
>やまやさん

ありがとうございます。
高尾山は人、人、人の観光地でした。舗装道路から外れた山道になると人もまばらになってくるんですけどね・・・。茨城県の筑波山同様に関東のパワースポットであり、人々の異文化交流の地でもありました

やまやさんの記事、楽しみに見ております。ホントに行ってみたいんですよ(^0^)/。
アウトバック・ダブルアール
2014/04/19 06:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

3/29 高尾山を日影から・・・・登ってみた 後編 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる