青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 4

<<   作成日時 : 2013/10/18 21:19   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 5 / コメント 7

エゾゼミの鳴き声でテンションの上がった3人

カラビナを家に忘れたので、お助け紐だけ持ってロープはおいていきます。変にロープなんかあると、安全も確保できないのに攻めたくなってしまいます

テン場に荷物を置いたのでBOφWYSの機動力もUP

中学生や小学校高学年にもなると沢での先行力もかなりのものである。

自分達のいる谷の深さに驚くシーンも・・・・

画像

《携帯電話での撮影のためこんなレベルです》

イワナの影を求めて派手に飛んだり泳いだり・・・・・。

昨日の雨で隠れているのか、近年の大雨でここも被害を受け回復傾向にあるのか? 居れば黒い影が走るんですが全くございません

「お〜い。イワナくん、出て来てくれよ。」

呼んでも出てくる訳もなく。

やがて、滝へ行き着く。

画像



画像

《明日から9月だというのにここでは紫陽花が満開なんです》


画像

《イワナの気配はないが竿を出すBOφWYS》


ここから見ると2段10M程の滝に見えたが、後から調べると3段あるとか・・・・。超える事は出来るがテン場が下にあるため戻って来なくてはなりません。 滝を降りることを考えれば、どうしても確保が必要だな・・・・。と考えたので、ここまでの遡行となりました。


ここで個人的に悲しい事故が・・・・・

テンカラでBOφWYSと同じ滝壺を狙って竿を振っていたのですが、引っ掛かる訳でもなく突然、竿が折れてしまった。釣り竿の耐用年数はどのくらいなんだろう? この竿は20年ぐらい使っていてるのですが・・・・。 ショックはかなり大きかった

時代劇【子連れ狼】の最終回で柳生の草忍との戦いの最中、愛刀、胴太貫が折れた時の拝一刀の心境がよく理解できた。それにしても重い・・・出来事でした


画像

《折れた胴田貫を見つめる”拝一刀”》



画像

《帰宅してからの写真。#2の先がポッキリと・・・・






BOφWYSはイワナの反応がないので滝壺に飛び込み始めた。


画像

《カタパルトスタンバイ》


画像

行きま〜す


画像

《水は結構冷たいんですが元気いっぱい》


画像

《しかし・・・・。お兄ちゃんは直ぐに温かい岩で体を温める始末!!》


そうこうしているうちに・・・。 


お腹の虫がなりだします。



画像

《お腹も空いたし、体も冷えたので温そばで昼食を・・・・》



画像

《調理は・・・・。  弟くん》


画像

ファイトー!! イッパ〜ツ!!



テン場への帰りは、来る時随所にチェックしておいた小滝でスライダーと飛び込みの連続攻撃。 

画像

《ザッパン、ザッパン飛び込みます》




派手に飛び込むと、驚いて飛び出す生き物もいたりします。

これなんかもその1例。


画像

《こらこら  そんなもん持ってくるんじゃない




途中、ミズナ(ウワバミソウ)や蕗を見つけるお兄ちゃん。 食材にするために摘もうとするも、何故か取ってはいけないと強く思う父。お兄ちゃんにもストップをかける。 たま〜にある虫の知らせか、それともニュータイプへの覚醒か??






テン場について、着替えた時間は17時。
今回の沢登りのメインディッシュは、それにはにつかわしくない手の込んだカレーライス。調理するのはもちろんBOφWYS。

BOφWYSは早速具材を持って川へ降りていった。

よっしゃ。 父もカレーに負けない最高のライスを炊くか。



画像

《川原で具材をナイフで切るBOφWYS。何を話しているのか


画像

《切った具材を入れ替わり、交互に炒めていきます》


画像

《カレー鍋と炊飯鍋を並べて調理。時間のかかる煮炊きは焚き火で》

                      
                   
                      

                      

                      


この様な環境の整っていない所で作ることが出来れば本物でしょう。

画像

《出来上がったのがこちら》

おかげで美味いカレーが出来上がりました。 この味は一生忘れられない物になりそうです。

食事後、いつの間にか日が落ち、暗くなった渓で3人で焚き火を囲んで炎を見つめる。語るものは特に無いが、良い時間が過ぎていく


画像


やがてポツポツと雨が落ちてきた。

やがて昨晩のようなとんでもない雨に成長。焚き火もアッという間に鎮火されてしまった。しかも、どんどん酷くなる。


ヘッドランプ以外に明るさを失えば、当然この日の渓もこんな感じ。

画像


やがて誰もランプを着けずに今日の出来事を面白おかしく話し出す。

ランプを勧めてもこの方が良いとかで、一寸先も見えない闇夜を楽しんでいるかのよう・・・・。 話題が切れた頃、弟君が聞いてきた。

弟くん :「明日、川が増水したらどうするの?」

父   :「平水に戻るまで泊まりだな」

少し不安そうな弟くん。

弟くん :「食べ物は?」

父   :「これだけある。3日分は余裕だ。」

とランプを着けて食材を一箇所に集める。

弟くん :「あっ。凄い。こんなにあるんだ。」

弟くんの声が明るくなった。

蕎麦にうどんに米。コーヒースティックに味噌汁の素にコーンスープ。コンビーフに調味料多数。どれだけ持ち込んでいるんだと言う量である。



外の雨は昨日より確実に多く降っている。しかも五月蝿い。

焚き火を消され、外に出られなくなったらする事は何もない。 

蚊取り線香をつけて、本日も五月蝿い中、眠りについた。

昨日と違うのは、風が少し涼しいと言う事だった





『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 5へ続く



『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない・3(リンク)

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない・2(リンク)

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない・1(リンク)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 2
入渓地点まで山道を歩き、汗ダクダク{%汗(チカチカ)hdeco%}{%汗(チカチカ)hdeco%}{%汗(チカチカ)hdeco%}で火照った体を沢の水で、冷やしながら登っていきます。お昼頃までは太陽{%晴れwebry%}{%晴れwebry%}も出ていて気持ちよかった{%グットハートhdeco%}。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2013/10/18 22:58
『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 3
川を遡行し、雨に打たれてびしょ濡れの服から着替えたのは、普通のTシャツだったり、短パンだったりするんですがドライの衣服って気持ちの良いものですね{%グットハートhdeco%}{%グットハートhdeco%}。 普段ありふれていることなのですが、このような状況ではかなり新鮮で感動してしまいました。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2013/10/18 23:00
『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 5  〜fin〜
3日目の朝、目が覚めて外を見ると、テント入り口のメッシュの前でホバリングしている多数の藪蚊を発見。昨年同様に蚊取り線香に火を点し入り口に置くと・・・・・。とたんに苦しみだしホバリングの隊列が乱れだすこと数分、何処かへ行ってしまいました。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2013/10/28 22:10
3月中旬
帰宅途中、本屋へ行くと・・・。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/03/19 00:01
2014 GWキャンプA
ここのキャンプ場の朝の気温、過去の我が家の記憶では2℃〜7℃の間なんですが、今回は9度、11度とかなり暖かい。シュラフは0℃まで対応可能なコールマン、モンベルの物を使っているのですが就寝途中で汗ばむ始末。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2014/05/11 21:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
リポびたん-RRで
goemon
2013/10/23 09:13
>goemonさん

遅いコメごめんなさい。
不覚にも体調を崩し寝込んでおりました。
おもしろいパネル有り難うございます( ^o^)
リポびたんとは・・・ドラえもんチックですね(^0^)。

前回の「妹ちゃんの桜」同様にリビングに飾っておきます。

アップしても良いですか?

アウトバック・ダブルアール
2013/10/24 21:59
すご〜い!
1冊の本を飛んでいるみたいに楽しませて戴きました 。飯を作ってくれるBO&Oslash;WYS君たち、頼もしいですね〜!
やまや
2013/10/25 02:13
あれ、「Boowys君」と書きたくてコピペしたら“Oとスラッシュ”に変換されてしまいました 。ごめんなさい!
やまや
2013/10/26 01:35
>やまやさん

お褒めいただき光栄であります。カラビナを忘れるなんて最低ですよね。父としてはある程度のコースを予定しており、滝越えが出来なかったのは無念なんですが、そんな事情を知らないBOφWYSは一応楽しんでくれていました。

このブロブにも編集機能は欲しいところですよね。

お気遣いありがとうございます。
アウトバック・ダブルアール
2013/10/26 11:38
無事ですかっ寝込むなんて、それこそリポびたんです!
rr_ジュニアズファンとしては
アップ光栄です
goemon
2013/10/29 11:58
>goemonさん
ご心配をおかけしました。
おかげさまで回復してきました。
goemonさんも気をつけて下さい。(^^)
アウトバック・ダブルアール
2013/10/30 19:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 4 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる