青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 5  〜fin〜

<<   作成日時 : 2013/10/28 22:10   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 8

3日目の朝、目が覚めて外を見ると、テント入り口のメッシュの前でホバリングしている多数の藪蚊を発見。昨年同様に蚊取り線香に火を点し入り口に置くと・・・・・。とたんに苦しみだしホバリングの隊列が乱れだすこと数分、何処かへ行ってしまいました。

気になる雨は・・・霧雨程度になってはいるがきっちりと止んではいない。

画像

ブナの幹もシットリと濡れておりました

しばらくの間、シュラフでウダウダした後、重い腰を上げて朝食の準備に取り掛かる。昨夜のカレーの残りに手を加え「カレーうどん」に作り変えます。

画像

《だしの素(かつお、昆布)等を加えて味を整えます。遊びでは手は抜きません。

画像

《シュラカップや鍋に残ったカレーは、バケットを使い綺麗に食べきります》




食事後少し落ち着いて、川を見に行くと、昨夜の凄い雨でも増水無し。濁り無し。雨もなかなか霧雨状態を脱しない。しかし川の状態が良いので、

「よし!! 帰るか。」

と気合を入れる。

2日間の夜の大雨を乗り越えた廉価品の安物テント。 雨漏りや床からの浸出など問題がある訳ではないので、まだ捨る事が出来ないようです。 帰りはノリノリのスライダーコースが盛りだくさん。 テン場周辺のゴミを拾ってから出発。



画像

《食材、生活品を片付けてからテントの撤収を・・・・》



画像

《よっしゃ。 行くぜ。》



画像

《攻める弟くんをお兄ちゃんが確保。お兄ちゃんを父が確保



画像




画像




画像

《こっち。 もう少し・・・》



画像




途中、小滝の淀みを眺めていたお兄ちゃんが一目散に突進していきました。明らかに異常なお兄ちゃんの行動を見ながら、頭周りにクエスチョンマークを7つ程出しながら見ている弟くんと父。 何かを捕らえて戻ってきた。まさか・・・・これ

いえいえ、救出してきたのはミヤマクワガタのメスでした。お兄ちゃん曰く、渦と一緒にゆっくりと回っていたとか。 観察眼にひたすら感心する弟くんと父。お見事。

画像



画像

《ほっとしたのか、ハサミを磨くクワガタのメス。カマキリみたいです。》


2晩凄い雨に降られましたが、自然には逆らえません。 増水も無く昼遊べた事と、こうして帰宅できる事が今回山の神様に許された範囲だったのでしょう。 イワナを見ることは出来なかったが、それはそれで楽しい川遊びでした。川から山道へコースを変え、来た道をひたすら歩いて戻ります。


画像

《夕べの雨の酷さを物語っているような水溜り。
         左の山から流れ込んで右の渓へ落ちているんです。》



山の上にいるあれは、あの、アニメに出てくる妖怪とも生き物とも判断することができない生物。 たしか所沢がホームだったはず 

画像



前日の雨のおかげか、対岸には幾筋にも分かれて流れる綺麗な「すだれ状の滝」もいくつか見ることができた。 なかなかの感動となった・・・・・かな。 

画像




弟くん :「あっ。いた。レガシィだ。」とゴールを知らせる高い声が響くと、BOφWYSの足は早歩きとなっていく。 自分との距離がどんどん広がっていくそんな二人の背中を後ろから見るのも悪くはないと一人微笑むいやらしい父。

やがて車止めへ到着。BOφWYSは早速荷物をおろし、着替え、車に置いていったポテチを頬張ります。

画像

《荷物を下ろして自然の「どや顔」》



冷えて汚れた体は温泉で癒して帰宅します。 ポイント周辺でチェックしておいた温泉へ・・・。


画像

《ぬるめの広い露天風呂、長湯ができて最高でした》

今年も楽しい沢登りでした。 沢を詰めて稜線に立ちたかったのですが、雨が降ったり、カラビナを忘れたりと、何とも消化不良的なものになったと思ったのですが、また行きたいとBOφWYSは言う。

行くたびに前年とは違う力強さを見せるBOφWYS。

来年はどこに行こうか??

ガンガラシバナはBOφWYSぐらいの年齢でもいけるんだろうか?

と、来年に向けて落ち着きがなくなる親父でした。

                 〜fin〜

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・4(リンク)

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・3(リンク)

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・2 (リンク)

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・1(リンク)





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
たくまし〜(^_^)

つか、rrさん、
タフな親父でいてくださいね〜(^ω^)
goemon
2013/10/29 22:47
パチパチ、パチパチ〜♪素敵な物語でした 。ますます、逞しくなっていきますね♪
“ガンガラシバナ”、知らなかったんですよ!検索したら、山ヤ、沢ヤより釣り師にお馴染みの沢のようですね 。勉強になりました!
やまや
2013/10/30 01:54
シリーズ拝見致しました。
云う事有りません!! 立派です。
様々なポイントでの父親の行動、判断をちゃんと見ていてくれていると思います。
親は子の背中を見守っているつもりですが、子供はその親の背中を見て育つんですね。
年々の成長が楽しみです。
suikoushiya
2013/10/30 17:57
>goemonさん

ありがとうございます。
10/31の日本シリーズのジャイアンツ西村よりはタフだと思っております。
アウトバック・ダブルアール
2013/10/31 23:23
>やまやさん

シリーズ読んでいただきありがとうございます。どっちかと言えばそうですね。尾根を越えて早出川へ降りるルートが一般的の様です。

勉強なんてとんでもないです。こちらこそ、やまやさんの記事で勉強させてもらっております
アウトバック・ダブルアール
2013/10/31 23:28
>suikoushiya さん

シリーズを読んでいただきありがとうございます。さらにお褒めまで・・・・。

日常生活やオートキャンプではフニャフニャした感じですが、この様な源流に来ると年々力強くなる我が子の成長をリアルに感じます。日頃からその力を見せてくれよ・・・。と言う感じです
アウトバック・ダブルアール
2013/10/31 23:35
源流シリーズを全て読ませていただきました。
全くもって、お子さんたちはどこまで進化していくのでしょうね?
rrさんのお子さんたちは、幸せです。
hilander
2013/11/07 23:46
>hilanderさん

読んでいただきありがとうございます。

何かを達成した(この場合稜線に乗ったとか、大岩魚を釣ったとか・・・)と言うものがあれば良いんですけどね〜。

今回は天候不良とカラビナ忘れでこの程度で終わってしまいました


続きは来年ですね。
アウトバック・ダブルアール
2013/11/11 22:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

『親子で行く源流釣り紀行2013』だげど源頭には立っていない ・ 5  〜fin〜  青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる