青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 『親子で行く源流紀行2012』だけど源頭には立っていない ・ 遡行2

<<   作成日時 : 2012/09/11 19:14   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 12

日の出の時間に目が覚める。テントから外を見てびっくり。周辺はビッシリと霧によるホワイトアウト状態。先が全く見えません。動けない。と言うことで2度寝しました。いや〜しかし、シュラフの中の2度寝はしあ〜せだなぁ



目が覚めて時計を見ると6時50分。グズグズしていられないので起床。霧も大分晴れてきた。3人で食事を取り、撤収作業に取り掛かる。自分の作業と弟君のフォローにお兄ちゃん大活躍。

画像


画像

《だいぶ霧が晴れてきました。さっきまで白い世界だったんですよ》

画像

《虫から体を守るには古典的ですが、これが一番》


画像

《昨夜の焚き火の残りに火を入れます。朝食の準備・・・》


画像

《テント内の撤収・・・お兄ちゃんが弟くんのフォローに・・・・》


荷物をまとめ、身仕度を整え、いつもの通りゴミを拾う(我々しかいないので、気をつけていればゴミは無いのですが、ここが重要なんです)。『よし行くぞ』と言う時に雨が降ってきた。増水も考えたが、プロトレックの気圧計が水平を保っていたので大丈夫と判断し、川を下る事にした。

画像


知らない間に雨は上がり、心地良く冷たい、透き通った流れが続く。

時折鳴くエゾゼミに『おっ』とお兄ちゃんが反応する。

飛び込めるところは積極的に…。降下の厳しい所はロープを使い…、そして流れは天然のスライダーに…。当然、流れの先には私がおります。

画像

《水の深さを測り、深すぎず、浅すぎずのポイントへ飛び込みます》

画像

《いきま〜す・・・・・》

画像


画像


ザックはそのままカバンであり・・・・。浮き袋である・・・・・。

そして、ザックは生活そのもの。中には生活必需品が入っています。おもちゃや酒が多いと食べ物が減る。また、その逆もある・・・。重いなんて言えません。生活を背負うとはこういう事である。

画像


画像

《天然のスライダー。イエーイ。とは最近は言わないらしい》


やがて降下点に到着。ここから山に戻ります。

画像

《降下点の目印を外します》

登山道とも、獣道とも思える道らしくない道を探し当て、ルートを地形図で確認。

帰りは弟くんを先頭に出発。

お兄ちゃんは相変わらず「エゾゼミ」の痕跡を探しながら・・・。  弟くんは・・・・黙々と歩きます。

BOΦWYS:「どのぐらい来たかなぁ」 

父     :「まだ半分だなぁ。 暑いけど頑張れ・・・」

途中、落ちている胡桃を拾いながら・・・・やがて車止めへ・・・。

車を見かけたBOφWYSは一目散に駆けて行きます。


「いや〜疲れた。」 「楽しかった〜」とそれぞれに感想を表現する二人の顔は、それぞれに何かを完結させた満足気な笑顔をしている様に見えた(バカ親!!)。


濡れたジャージを一気に着替えて一休み。


二人でお菓子を頬張る姿は、普通の小学生に戻っていた・・・・。

画像


《記念撮影・・・》


さて・・・。温泉にでも行くか

次・・・温泉ね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
源流で遊んできました。 食事はこれです(^ー^)*/
毎年、BOΦWYSとこの時期に源流に行きます。天候を見ながら今年も行って来ました。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2012/09/11 19:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜!
どんどんお子さんたちが逞しくなっていきますね。
自然の中での、様々な危険要素を的確に把握して
行動できることは、本物の知恵を身につけてきているということの証ですよね。
今後のお子さんたちの成長が益々楽しみです。

hilander
2012/09/11 22:09
飛び込んでますね〜♪たくましいー♪
ところで、これはどこの山域の谷なのですか?大きなイワナが居たり、なかなか魅力的ですね〜。
やまや
2012/09/12 03:17
う〜〜〜ん。
すごいなぁ。 RRさんはいい指導者ですね。いや、「お父さん」は かくあるべきだなぁと感心の極みですよ。
ザック・ジャパンは強かったけど、ザック・ジャポン!(笑)も「強さ」の成長、逞しさの証明ですねっ☆
ふぉれ
2012/09/12 12:05
>hilanderさん

こんばんは〜
おかげさまでスバルの仲間をはじめとした皆様と地球の生き物に支えられております。 なんちゃって・・・。

hilanderさんがおっしゃる通りに、行動していてくれればありがたいのですが、閃と興味本位が大きいかも・・・。しかしながら、hilanderさんのコメントを読んでから、道中を振り返ると、「あの時・・・」と感じることが多々あります。良きアドバイスありがとうございます。




アウトバック・ダブルアール
2012/09/12 23:35
おおー!
勇者兄弟の素敵な冒険だー!
どんどん逞しくなって来てますね!
お父ちゃん、
あっと言う間に追い越されちゃいそー(^^;;
めるも
2012/09/12 23:37
>やまやさん

この谷は只見川水系で福島県と新潟県の県境に水源をもつ支流なんです。イワナが出てこなければ川の名前を上げても良かったのですが・・・。ここまでで勘弁してください

やまやさんが行っている谷ほどではありませんが、子供と遊ぶにはいいところですよ。
アウトバック・ダブルアール
2012/09/13 00:02
>ふぉれさん

不覚にも電車の中で吹き出してしまいました・・・

ザック・ジャポン・・・。ネタで使わせていただきます
アウトバック・ダブルアール
2012/09/13 00:05
>めるもさん

そうなんですよ・・・。今は大差でリードしていますが、スイッチが入ると、きっと早いんだろうな〜。

今のうちに、出し惜しみしなくちゃ・・・・。違うか?
アウトバック・ダブルアール
2012/09/13 00:10
再びお邪魔します。
秘密のメッセージをありがとうございました!悪い奴らに知られないように大切にしておきますね(笑)♪
ところで、どうやってあんなメッセージ送るのですか?知らない機能でした(゚o゚)/?
やまや
2012/09/13 12:11
>やまやさん

あれ(*_*)
見つかってしまいましたか! あのメッセージ機能を知らない方が結構いらっしゃるんです。blog仲間とのひそひそ話にお使いください(^O^)。

知らない谷や川や山…地形図を見ているだけでイメージが膨らみますよね。
アウトバック・ダブルアール
2012/09/14 06:29
やはり大自然のキャンプは良いですね。
天然のイワナですか?
水が綺麗ですね。
あとはゴミも自己責任で管理して欲しいですよね。
小太郎
2012/10/31 21:58
>小太郎さん

お久しぶりです。キャンプ場にも楽しさはありますが、こう言った所にも楽しさはあります。当然リスクも増加しますが。

全部ひっくるめて楽しめれば最高ですよね。
アウトバック・ダブルアール
2012/11/06 23:55

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

『親子で行く源流紀行2012』だけど源頭には立っていない ・ 遡行2 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる