青い空緑の大地は誰のもの

アクセスカウンタ

zoom RSS 『親子で行く源流紀行2012』だけど源頭には立っていない ・ 遡行1

<<   作成日時 : 2012/09/08 07:41   >>

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 2

目的の谷は我が家から結構遠い。
そのため2泊3日で川を詰めて稜線に出たいと思ったのですが、この週はBOΦWYSの夏休みの最後、故に1泊2日の行程に変更です。

画像


車止めから谷に降りるまでは一応登山道を歩きます。所々崩れていますがロープを使ってクリア。そしてここはブナの原生林。様々な形のブナが迎えてくれます。

画像


画像

《崩れた山道にお兄ちゃん呆然・・・・

画像

《ここ下りるの 違う。渡るの。 えっ!!
画像

《見てください。この太さ》

画像

《どうやって丸く曲がったのだろう?》


画像
《これはミズナラ。力こぶは出ていませんね》

画像

《雪の重みで根が曲がります》


地形図を見ながら川への降下点を確認。一応、ロープで確保しながら降下。

さあて、これから巨岩奇岩を越えてレッツゴー。

画像

《始めは恐る恐る・・・・・》


画像

《水温を見切ると・・・ジャプジャブ行くよー


画像

《自分達の判断で攻略していきます》


画像

《どこから行く? こっちからだよ?》


画像

《滝を越えるの楽しいね。 水が冷たくて気持ちいいね。》

水を被り、風を感じ滝をいくつか越えて、砂地の適当なテント場を発見(こう言う所があると嬉しいよね)。川を詰める訳ではないのでここを一夜の宿としBOΦWYSがテントを張ります。その間、私は流木集めを…。


画像

《丁度良い砂地を発見。「ここでいいね」》

画像

《流木は、こうやって運びます》


テントを張って、流木を運んで、荷物を下ろして…。身軽になったらさらに奥へ…。
餌で…ルアーで岩魚を狙います。渇水気味、しかも暑いときているため、岩魚君達は隠れて出て来てくれません。

父「貸してみろ。こうやるんだよ。はい。釣れました。」
父親としての面目を保てました・・・。

画像

《なんとか落ち込みの泡に隠れている物を釣り上げます》

食材としてミズとフキが随所にあったため、おかずとして少しキープさせていただきました。

画像

《v字の谷です。雨が降らず渇水で水が少ない・・・》


画像

《ヘビトンボの幼虫を捕まえました・・・・》


画像

《何と言うサンショウウオなんだろう・・・うなぎ犬に見えるんですが》


画像

《谷にモアイ像を発見・・・・》


画像

《魚も釣った、生き物もいた、冒険もした、さあテント場へ帰ろう・・・》



散々遊んで(と言っても貴重な体験)夕食・・・・・火熾し、調理、もちろん分担です。

画像


夕食後、疲れたのかBOΦWYSはシュラフに直行。直ぐに寝てしまった。まだ7時なのに…。BOΦWYSと焚火を囲んだ団欒を楽しみにしていた私はかなりがっかり。仕方なく、焚火、空、星を見ながら…。耳に入ってくる軽い川の音、趣きのある梟の声を聞きながら一人ビールを飲む…。

画像


空を見上げると人工衛星が谷を縦断していた。かなり大きな声でBOΦWYSに声をかけたが寝返りもうたない。ここまできたら気絶状態(ちょっと、呼吸を確認してしまいました)。やがて月も出てきた。この日は満月…。

砂地の川原と山、木々が照らし出された。何と…。明るい…。川原の石、木々、山が淡い黄色と白の中間色に照らし出された。川原の石のシルエットが火星や月の地表をイメージさせる。また、空の黒さがそれを引き立てる。なんとか写真に収めようとするも、ガラケイの防水カメラでは・・・やっぱり無理。全てが真っ黒に…。 いろいろ行ったが今回のような素晴らしい経験は初めてでした。BOΦWYSと一緒に感動を分け合いたかったが…、来る時に奉ってあった山神様は私にだけ幻想的な現象を見せてくれた。「未来のあるBOφWYSにはまだ早い。もっと経験を積め」と言う神の声か・・・。

画像

《な〜んにも、写っていません》

やがてビールも程よく回り、感謝しながら私も就寝。
楽しい一日が終わったとさ…。

二日目、ありますからね。(次回)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
源流で遊んできました。 食事はこれです(^ー^)*/
毎年、BOΦWYSとこの時期に源流に行きます。天候を見ながら今年も行って来ました。 ...続きを見る
青い空緑の大地は誰のもの
2012/09/08 07:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やった〜!BOΦWYS君たち頑張りましたね〜♪ますますたくましい顔になってますよ
ウェーディングシューズもスパッツもそろえたんですねー。お父さんの気合が感じられます
やまや
2012/09/09 00:52
>やまやさん

ありがとうございます。足元のスパッツ、ソックス、シューズは秀山荘の物を使っています。他社の物との比較で、個人的にはこれが気に入っています。

この時期はアブの残りもいるので、乾燥性の高い化学繊維のズボン(ジャージや作業ズボン 等)も外せません
アウトバック・ダブルアール
2012/09/09 07:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

『親子で行く源流紀行2012』だけど源頭には立っていない ・ 遡行1 青い空緑の大地は誰のもの/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる